医療事務

医療事務の仕事内容って何?以外に仕事が多いとあなたは知ってた?

主婦ならば医療事務の資格を取ってしまえばいい。あの仕事ならば資格を取れば直ぐに働けるなんてよく言われていますが、実際にどうなのでしょうか?そんなに簡単な資格なの?そんなに簡単なお仕事なの?実際の仕事内容を、あなたは知っているのでしょうか?
(⇒医療事務、資格取得は本当に簡単なの?

結婚して暫くは仕事が出来ませんが、子供の手が離れ、少し暇になると働きに出たくなるものですよね?そうなってくると資格を取って、ちょっといいお仕事に出たいものです。パートなんて有給があっても使えない寂しい仕事だから、そう言って皆さんきちんとした勤め先に入れればと思うもの。そこで医療事務の資格なら手軽に取得、その後は順風満帆ライフと言われ、今注目の資格とされているのです。

ですが注目をしている人が多ければ多いほどに、今自分が取得してもその資格を取っても仕事が出来るのか気になるものです。需要と供給が逆転してしまっていたならば遅いというのはどの業界にもあるわけですから、それは誰しも気になるところ。

現在医療事務は資格が取得しやすいと言うこともあり、資格取得者が急増していて求人が減っている地域が増えています。ですが矢張り取得しやすいのと、定期的に人員が減ったりするため人員確保に求人は定期的に出るということ。定員数はあれど、入れる道はあるようですね。では実際にそのお仕事はどういったものなのでしょうか?

業務内容は病院によりけりですが、基本的に小さな病院であれば、受付、会計、カルテの出入、そして最も重要なお仕事がレセプトです。勤める病院により、その業務内容は変わってきますが、小さな病院であれば全てこなさなければならないお仕事です。そしてレセプトは提出すべき日までの十日前後で残業を抱えるのはどの病院でも同じこと。その期間は大変な酷使のされようということです。

けれど試験そのものは簡単なので、資格取得は楽と言われています。大学病院などであれば、それらを全員で分担するわけですから、レセプトも全員が全員やるわけではありませんが、小さな個人病院では全てこなすのですからちょっときついお仕事と言えるでしょう。

役に立つ医療事務の参考書や問題集ってないですか?試験対策したい!

資格がものを言う、そんな就職難なこの世の中、欲しい資格は沢山ありますが、現実で言えば取れる、資格が知りたいというもの。つまり、案外楽に取れてしまうんだけれど、有用な資格。難しくて取るのも辛い!そういう資格こそが求められているけれど、楽に取れて求められている資格、そんなものがあれば勿論そっちのほうがいいですよね?そんな資格ってないものでしょうか?

医療事務は最近、資格取得講座が増え、テレビコマーシャルなどでも騒がれるようになったくらい、資格としては需要が高く、更には取りやすいことでも有名ですね。ですがそうして騒がれ始めたために、資格者が増えてしまい少々地方によっては医療事務が余っている、とも聞きます。ですが何にせよ持っていて損のない資格であることは確かでしょう。取りやすく、かつ使う場所が多いのですから。

では、取ると決めたら動きましょう。勉強や、医療事務の資格取得の試験、これに合格をするために必要な参考書や問題集が欲しいのですが、どれがもっとも良い、本、なのでしょうか?実際にこれで私は資格を取れた!という方々にアンケートを取ってみました。

医学通信社から出版されている、診療点数早見表これは医師がカルテに記入した診療行為や薬、それらを点数に置き換えて計算する、レセプトについて学べます。レセプトについてじっくりと向き合いたいのであればこれがいいでしょう。保険診療の基礎知識、それと診療報酬請求事務の実務、これが社会保険研究所から出版されています。これも大変有用ですよ。

問題集であれば、医療秘書技能検定問題集、三級、それと二級が出ています。本屋さんなどで見ていただければ分かりますが、表紙などに第何回と書かれています。つまりこれは過去問なので、実際に試験を受ける前に何度もやっておくことで、試験にはどういった問題が出て来るのかが分かって良いと思います。

これらを駆使して試験勉強頑張りましょう。

学歴ってどれくらい重要なの?学生のうちに医療事務の資格が欲しい!

学生で、この就職難の時代、手に職を!と考えている人は多いはず。実際に資格を取ってしまって就職に有利に働くよう考えている人は沢山いますが、その中でも医療関係に働きたいから医療事務、なんて考えている人も中にはいるようですね。実際の現場では、学歴や資格がどれくらい重要視されるのか知りたい!と思っていると、学生から今回は相談を受けたわけですが……では、実際にどうなのでしょうか?現場でどれくらい学歴や資格が重要視されているのか調べてみました。

学歴なんて関係ない?流石に中学卒業、という話しは聞きませんでしたが、大学を中退した方、更には専門学校卒と言う方もいらしたそうです。高校しか出ていない方なんてのもいるため、学生であっても入りやすい職種ではあるようですね。少なくとも医者など、他医療関係に比べて入りやすいのは確か。学歴は基本的には関係ないようです。

資格は基本的には無くとも良いということも、なんだか敷居が低く感じられる点でもありますね。ただし、未経験者であるならば、何もないよりは資格を取得しておいたほうが少しは有利に働くようです。更には医療事務のお仕事には、パソコンが可也必須アイテムですから、資格とは別にパソコンを不自由なく使える程度に出来たほうがいいでしょう。大きな病院では、パソコンが使えないならお帰り下さい、そんな完全にコンピューター制御になってしまっている病院もありますよ。
(⇒医療事務の資格ってたくさんあるの?

正社員や派遣、パート、これの率は一概にどれと決められるものではないようですが、今現在は派遣社員に切り替えて使っているところが増えているのが現状です。これからさらに正社員としての雇用は減っていくと考えていくべきでしょう。

ただし、パートやアルバイトからスタート!そんな気持ちで就職口を探すなら見つかるはず。なぜならば資格を持っていても実務経験がもっとも問われるため、正社員からの雇用を学生が探すのは厳しい面もあるのです。実務経験を持ち、かつ新しい就職先を探しにやってきた、そんな方はごまんといます。就職は可也厳しいととっていいでしょう。まずは派遣やパートから、病院での実務経験を得るところからスタートしてみてはいかがですか?

医療事務心得のようなものはある?就職希望の人が凄~く知りたい事!

これだけは必ず覚えておいてちょうだい。そんな風に新卒入社した会社で言われたことはありませんか?バイトでもなんでもそうですが、忘れてはならないこと、ありますよね?ですから医療事務になりたいと望むあなたへ贈る、医療事務として心得ていなければならない、大切なこと。これを纏めてみました。これは実際に医療事務を現職で勤められている方などに伺ったものを参考にし、纏めたものになります。

まず覚えていただきたいのは、病院で医師よりも看護師よりも早く患者が接する相手が医療事務の受付であることを理解しましょう。ですからここで不快な思いを患者にさせてしまえば、医師の元へ行く前に、患者は踵を返して帰ってしまいます。こんな病院ではまともに見て貰えないに違いない!そう思わせてしまうのは何も医師が直接診てから感じることだけではないということですね。ただの接客業だと考えずに、相手が病気や怪我をして、病院で治して貰いたいと願ってやってきたことをよくよく頭に留めておきましょう。

患者と接することが一番多いのも医療事務であれば、最も長い時間を相対するのも医療事務でしょう。(入院などは省きますが)ですから医療事務こそが病院の顔であること、そして診療所の顔であることを理解し、行動する。間違っても流れ作業で「はい、さっさと退いてくださいね。はい、帰ってくださいね」なんて患者に対してしてはいけません。一人一人に対して労わる気持ちを忘れてはいけません。

患者、そして医師、看護師、全てをパートナーとして接せられるほどコミュニケーションを取れるか、それくらいに考えられなければ長く続かないでしょう。仕事は必死に覚えなければなりません。改定につぐ改定が次々行われ、それに常に追いつかねばならないからです。仕事を常に学ぼうとする意思を示せるか、そして意欲があるかそれにかかってくると言っても過言ではないでしょう。医療事務とはそれほど大変な職だと言うことです。

どの仕事でもそうですが、他者がいてこその自分であるということを、忘れないようにしましょう。あなたが何故、医療事務を志すようになったのか、これもまた、忘れないようしましょう。そうすればぶれずにやっていけるはずですよ。

ゴールデンウィークは略らしい?医療事務用語のこれは何ですか?

ゴールデンウィークって知っていますよね?5月の連休のことですが、実はこれ、医療の世界では別の用語になるんです。GW、これはゴールデンウィークの略語じゃなくて、別のものなのですが……さて質問です。これは一体何の略語になるのでしょうか?

医療の世界ではカルテでもドイツ語を使用するなど、ドイツ語が幅をきかせていたという名残が未だ存在しています。過去、病院で診察室の中で医師がカルテに何を書いているか分からず、どういう意味で言っているんだろう?私の病気は何?と不安に感じていたことを覚えていませんか?現在ではこれに問題ありとして、カルテは日本語で書くよう、求められてきています。

情報開示すべきである。このようにさんざんマスメディアから叩かれた、これまた名残なのでしょう。これにより医師はカルテに日本語で書くようになりましたし、ドイツ語で未だ書いているという医師は少ないのではないでしょうか?

ゴールデンウィークの略としてGWとありますが、医療の現場ではこれを、Gaze Wechsel(ガーゼ・ヴェクセル)と呼ぶものがあります。これの略がGWなのです。ではこちら、ガーゼ・ヴェクセルとは一体なんでしょうか?

これはガーゼがそのままガーゼで、ヴェクセルは(ein)Wechsel、交換、交代の意味のドイツ語です。ですからガーゼ交換を意味します。

ちなみに医療ドイツ語と思われていた用語のいくつかはオランダ語が起源なのだそうですよ。
(⇒レセプト算定中にも散々略語はつかわれますよ!

教材がオークションに出品されてる!落札したけど使えないって本当?

通信教育用の教材は、とにかくお高い!そのため通信教育で資格が取れると言われても、中々手が出ませんよね。5万か~……ちょっと高いな~。せめてあと1万安ければやろうかなって思うけど、この値段じゃちょっとね~。そんな風に考えている人、多いですよ。でもこれが、ちょっと安く手に入ったら素敵じゃありませんか?

あなたは知っていましたか?ネットオークションなどでこうした通信教育用教材が出品されていることを。医療事務は特に多く、矢張り人気の教材であることが窺えます。オークションで通信教育で検索をかけるだけでズラリと並ぶ教材に、医療事務は相当数あります。それだけ皆さん勉強しようと手を出したのでしょうが、これだけ数が出ているのですから、安いものも手に入りやすいのも道理ではあります。オークションで安価で教材を手に入れ、さて勉強がこれで出来るとやんや喝采というわけです。ですがこれ、本当に大丈夫なのでしょうか?

オークションということは、中古品です。人の手あかがついてしまったものであり、それが嫌、と言う意味で本当に大丈夫?と尋ねたわけではなく、つまりは、この教材を使用出来るのか否か、ということです。これ、利用できるのでしょうか?

実を言うと医療の現場で特に医療事務の仕事に関しては、改定がまめに行われており、特に細かに、そして正確さを求められるレセプトの算定数値にその改定がよく入るのです。そのため点数や点数のつけかた、これらがちょくちょく変更されるため、過去問では意味がないのです。つまりはオークションで手に入れるならば、今年度版のみでなければならない、そういうわけです。

ですから購入の際にはお気を付け下さいね。購入したものが過去問であり、現在はこれとは全く異なる、改定後である可能性がありますから。
(⇒医療事務の勉強に役立つ参考書を教えて!
(⇒ゲーム感覚でアプリを使って医療事務を勉強出来る!
(⇒amazon利用で独学で受かる!

英語で食べてます、医療事務から引き抜きの話しがあり…受けるべき?

田舎に引っ越す前は大手企業でバリバリと事務として働いていたというAさん。実は旦那様の仕事先についていくことになり、一度これを退社することに。英語圏で働き始めた旦那様の帰りを、自宅で英文を日本語訳するという仕事をしながら待つ日々が続いたそうです。日本に帰って来てからも、その時のノウハウが生きていて、現在でも翻訳の仕事を時々貰って自宅で主婦業の傍らという生活だそうですが、そんな彼女の元に突然舞い込んだ話しがありました。「ねえ、医療事務やってみない?」友人からの話しでした。

なんでも、事務の仕事がバリバリこなせる人を考えていた所、この女性がヒットしたんだとか。その上で今現在の仕事だって、そう長く需要なんて無いだろう。だからどうだろうか?今後のことを考えて医療事務の面接を受けてみてくれないかと言われたけれど、そもそも医療事務に対し、今までなんの思考も働いていなかったので、病院にいっても「事務の方だな」程度の感想だったのだそう。お陰でどんな仕事をしているかなんて全く見当もつきません。どうすればいいのか、そのように尋ねられました。

この彼女、この話しに興味はあるけれど、翻訳で旦那様のお給料と合わせれば生活に苦労するということもないため、いまいち乗り気ではないようです。ただ、今はどうでも翻訳の仕事が続けられるかは分からないため、保険として医療事務もやれなくはないか?と考えているんだとか。ただ、一つだけ疑問があるそうです。

「医療事務に英語って必要なのかしら?」なんでも友人の親戚は総合病院の院長先生なのだそうですが、英語力の足りる医療事務がいなく困っていたようで、英語も出来て事務経験が豊富な彼女に白羽の矢が立ったと言うことの模様。けれど英語が必要な職場には思えずということらしく、何となく気のりしないようです。

ですが実際に医療事務は英語が必要。実を言うと医師のスケジュール管理も仕事のうちの医療事務、学会や講演会の準備やそのお供、そして文献の日本語翻訳も仕事のうちなのです。それだけでも英語力は可也のスキルが必要ですが更に必要なのは、英語はしゃべれないと駄目と言うこと。ですから英語圏で生活をしていたくらいなのだからどうか?ということだったんですね。

英語は話せて当たり前。更には文章翻訳もお手の物でなければいけない。学会に出ていってもきちんと応対出来るくらいでなければならないとなると、彼女こそがうってつけだったのでしょう。それも恐らくは医療秘書として、院長先生の補佐として必要と求められていたのです。
(⇒医療事務は英語が必要?必須英会話本と英語が必要な理由

電子カルテ導入することに決まるかも、実際の利用者の声を聞かせて!

うちの病院、今度から電子カルテ導入が決まりそうなの。実際にあれってどうなの?どんな感じ?電子カルテ導入は、昨今増えて来ているようですが、あなたの勤め先ではいかがでしょうか?電子カルテ、もう使っていますか?使っていなかったのだけれど、今度作ることになった。そういう方からの質問です。実際に浸かっているところではどのようなことになっているのか、現場の利用者の生の声を聞かせて欲しいとのことでした。

地球温暖化など言われ、ペーパーレスに向けて動くべきだろうということで、電子化。そんな病院もあるようですが、実際に使ってみた使い心地はどうなのでしょう?患者情報をデータ一括で移行。その移行した日より実際に電子カルテが稼働するまでには発生するタイムラグが存在します。ですからその間に変更があれば、どうあっても手入力は必須になると言うことは覚えておきましょう。面倒ですが仕方ありません。

また、導入したからとてペーパーカルテが即座にぽいっとはいきません。過去ファイル全てをそのまま電子カルテに取りこむのは相当な無理が生じます。よって暫くの間はどちらも置いておく形になるのではないかと思われますよ。因みに導入から5年たった病院でさえ、ペーパーレスとなっていない模様。ですから完全撤廃までは恐らく相当な時間を要すると言うことでしょうね。

紹介状や検査結果など、カルテが紙でなくなった今もクリアホルダーと一緒に簡易カルテのようなものを作り纏めているという医療事務の方もいました。ただしレセプトも電子に切り替わっているので、こうしたクリアホルダー以外、全て電子で済んでしまうので楽ちんのようですね。レセプト用紙もいらないとなれば手直しも楽々なのがいいそう。

確かに導入してから暫くは慣れず大変かもしれませんが、慣れてしまえば便利さが素晴らしく言うことなしのようです。ですから思いきって楽しむくらいのつもりで、新しい電子カルテ、使ってみましょう。
(⇒レセプト漏れがあったら、どうする?

インフルエンザ治療薬選択に注意喚起?現場では何が起こっているの?

インフルエンザ治療薬の選択に注意喚起が行われたことを、あなたは知っていますか?医療事務の現場に、厚生労働省から注意・指導文書が届いたそうです。なんでもラピアクタ点滴の使用に際して必要性の判断を病院側できちんと精査判断して行うように、とのことでした。これって、どういうことなのでしょうか?

マスメディアの報道により、最近では患者自らがインフルエンザと診断されると、「点滴をお願いします」と選択してきます。実はインフルエンザの治療薬たるタミフルですが、これ、実はB型インフルエンザにはききにくいんです。そしてタミフルがどうしても受け付けられる味ではないと、吐いてしまう患者さんも少なくありません。実際に相当苦いので、飲み方が上手くないとちょっときついです。

ですから点滴にて治療できるといった方法をメディアで取り上げられて以降、患者はそちらを希望するのがむしろ一般的になってきています。でも、この点滴を使うなら、病院で良く考えてから行ってね?と、今回厚生労働省から注意・指導文書を受け取った、とのことですが、この場合、医療事務及び医療機関はどうすればよいのでしょうか?書かれている通り、検討などしてそのまま使用してもいいのでしょうか?

最近こういった文書を通達で受け取る医療機関が増えているのですが、それに対し、厚生労働省に回答書として文書を提出しているところが大半です。内容はこちらが点滴であることを知った上で使用しているということ。そしてタミフルなどのほかの薬の使用を考慮して見た結果の上で、こちらを使用していますよ。そんな文章を送るのだそうです。

タミフルと違って実を言うと、こちらは決して一般的とは言えないものです。ラピアクタ。こちらはまだ日本ではあまり積極的に使用をすすめるようなものとして認知が進んでおらず、メディアで騒がれたために患者のほうがそちらを選択しなければ、それこそ医療機関はこぞって使うことはなかったそうです。ですが患者がどうしてもタミフルが飲めないと言う場合は使用すると言うことで、決して使わないと決まっているものでもありません。

まずはメディアの過熱が納まるのを待って、次に患者の熱が冷めるのを待つしかないのかもしれませんね。それか厚生労働省がこちらについての認識が変わるのを待つより他ないのかもしれません。
(⇒薬の知識が得たい!どうすればいい?

正社員が厳しいならバイトでOK!医療事務になりたい人が知りたい秘密

医療事務にどうしてもなりたい!そう願う人は日に日に増えているようですが、よく言いますよね。「医療事務につきたいなら、もうコネ以外ないよ」と。医療関係者にコネがあるくらいなら、どうしても入りたいとか誰も思わないかもしれません。だってそうでしょう?内部のドロドロした話しを知っていれば誰も、おいでよ!はいるといいよ!なんて誘いません。人の生き死にが強く感じられる場所だけあり、知っていれば誰しもいい所とだけは言えなくなるといいますからね。どうしたら医療事務になれるのか、コネがないと本当に入ることが出来ないのでしょうか?

医療事務の資格を取得すべく勉強した時、あなたは何で勉強をしたでしょうか?専門学校ですか?それとも通信教育でしょうか?専門学校でしたら学校側から紹介があることも。もしくは大きな総合病院や大学病院ですと、派遣会社経由で仕事を探す事が出来ますし、全く隙間がないということはなさそうです。

もしくはアルバイト、パートと言う形で一旦は入りこむ形で病院に籍を置かせて貰い、とにかく経験を積むことが重要かとも思いますよ。何故なら、どこでも医療事務は経験者を求めています。どこの大学病院でアルバイトでしたがやっていました。そうなると次の勤め先では経験者として見なされますから重宝がられますし、正社員での採用もありうるということです。

最初からコネだなんだと考えて、入れないと諦めるのではなく、ガツガツと食らいついてやるぜ!くらいの気持ちでやっていきましょう。最初はアルバイトやパートでも、絶対に正社員になる!そう意気込みさえあれば、間違いなくあなたは医療事務になれますよ。
(⇒医療事務の就職率の低さ!何これ!!
(⇒志望動機をばっちり書いて面接を受かって見せる!

<1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 >