医療事務

髪の毛はまっ黒じゃなきゃNG?医療事務は清楚清潔が基本?それ本当?

医療事務の資格を取得し、専門学校卒のまま、新卒で大学病院に見事入社決定。やった、受かった!と言う方、おめでとうございます。そうした新卒の方から問合せいただきました。「どんな格好で働くのか、病院にしょっちゅう行く方ではないため、いまいち感じがつかめません」とのこと。では実際に医療事務の方はどういった服装や頭髪、そして化粧などなど、しているのでしょうか?早急に医療事務の方にアンケートを取ってみました。テーマはどんな服装や頭髪がNGなの?です。
(⇒出勤初日、気をつけるべき事が知りたい!

ある方は、「女性の職場なので、目立ち過ぎるのはまずいと思い、最初のころは黒髪、ひっつめ、薄化粧で、所謂目立たないどこでもいそうな格好で行きました」とのこと。確かに最初は女性だらけの職場ですから、浮いたら何を言われるか分かりませんよね。イジメに発展しないとも限らないので、ここが大切でしょう。是非これは見習うべきでしょう。

別の方からは「マニキュアくらいならいいとも思うけれど、派手なつけ爪してるだけで、患者さんから罵声を浴びせられることもあるから、透明なマニキュア。それか健康なサーモンピンクみたいな色がベスト」とのアドバイスも。確かにそうですね、医療事務の受付の方が、ド派手な黒や赤の爪をしていたら何事?と思います。お歳をめした方でしたら、怒鳴って注意をしてくる可能性も高いでしょう。確かにこれは気をつけるべきと言えます。

他には茶髪でパーマと言う方もおり、これはNGなのでは?とも思いましたが、これはただそのまま下ろした髪のままだと目立つので、ちょっとした細工が必要なのだとのこと。細工?と思いますよね?実は飾りがシンプルな髪留めを用意して、これで髪を一つに纏める、本当にただそれだけで反感が減るのだと言います。

病院で働くというのは、可也シビアな部分が多いでしょう。上下関係がきつく、医療事務はその一番下のヒエラルキーと考えるべきです。そこにきて更に医療事務の中でも新人は反感を買いやすいと覚えておきましょう。ですから、派手な恰好は最初だけでも避けて、職場の雰囲気により派手過ぎないものを選ぶこと。そしてどういったものならばつけていいものなのか、そしてこれならば問題はないといったもののみを使うこと。先輩に探りを入れるべき!なんて極端な話しまであるくらいですので、少しずつ馴染ませるくらいがベストですよ。

あくまでも医療従事者というものは、患者さんがメインなのです。それを忘れずに頑張ってみてくださいね。

独学ならどれくらいの期間、どれくらいのお金がかかる?講座との差!

あなたは知っていますか?ニチイで医療事務の資格を取得するにあたり、講座受講のためにかかる標準な金額について、詳しくしっていましたか?まずは通学が約9万円。そして通信が約7万円。その他AVは約8万。webカレッジも同様。医科コンピュータセットが約14万で……と、そのお値段は馬鹿にならない。

更にユーキャンを調べてみるとこれまた存外するものです。約5万円。ニチイを知ってしまえば安い、と言えなくはないのですが、これもなんだかお高いですよね。ですから、今回、独学の方はどれくらいの金額を使い、学んでいるのか。これについてまとめてみました。通信よりも果たして、安いのか高いのか――どちらなのでしょうか?

医療事務資格取得を目指し独学で学ぶ、その覚悟は相当なものでしょう。誰のサポートも望めないのですからそれもそのはずです。独学する場合、自分で教材は勿論用意しなければなりません。過去問集、これは一冊3千円程度。安ければ2千円から購入が可能でしょう。医学用語辞典が1万円程度、診療報酬点数表が5千円程度ですから、合計で2万程度であれば一通りの教材は入手が可能です。

そしてこれも必須ですが、電卓を用意していただきたいと思います。ですが、これが肝心。家庭用の小さな電卓じゃ意味がありません?必要なのは、10桁12桁もあるような表示のもので、計算用と一目で分かるようなもののほうがいいでしょう。計算しやすい事が今回は必要とされますからね。

そして独学でコツコツと学ぶのであれば、スケジュールとしましては、受ける試験の日付は勉強開始日より、半年以上、1年も見ればいいでしょう。その頃には確実な力が身についているはずですからね。

通信、通学とは違い、自らスケジュールを組んで学ばねばなりませんが、費用などを押さえて学びたいと考えているならばこのくらいで十分でしょう。そもそも通学で学ぶ通信で学ぶとやっても、医療事務のほとんどが現場で学ぶことの方が重要なのだそうですよ。つまり、資格をとってしまえば皆同じというわけですね。
(⇒おすすめ講座はこちら
(⇒独学ポイント丸わかり!簡単勉強法はこちら

医療事務をなぜ辞めるの?人気職の割りに難問なその理由とは何か?

医療事務というと、人気の資格ということもあり?医療事務の現場に勤めていない一般の方からすれば、何故辞めるのかが理解出来ないのだそうです。だから、「なぜ辞めるの?」今回はその何故を調べてみました。

実際に辞めた理由。そして病院側に何をどう伝えることで辞めることが出来たのか、これについても詳しく説明していただいたところ、このような結果になりました。

まずインパクトの強かった一人の女性のお話しです。こちらの方は今まで沢山の派遣先で働いてきたものの、この病院に勤め始めてからというもの、頭がおかしくなってしまったとのこと。なんでも前任者がイジメのターゲットにしたてあげてから職場を辞したのだそうです。引き継ぎの際に何か思うところでもあったのか、酷い人間性であるかのように伝え続け、嫌われまくり。居場所がなくされ、仕事も取りあげられ、難しい仕事ばかり押し付けられて慣れていない職場でこれはきつかったとのこと。実際に辞めた時は普通に辞めますで良かったようです。嫌われていたお陰で何の詮索も受けることなく辞められたとのこと。ただし、辞めるまでの期間、散々と嫌がらせがエスカレートしたのは何故なのか……本当に女性のみの職場はもうこりごりだ!とおっしゃっていたのが印象的でした。

もう一人インパクトがあった方はこのような形。入社して直ぐにイジメが始まり何故?と疑問に感じて考えてみたところ、新人が入ってきたらイジメ抜いて辞めさせるのが慣例なのだと知りましたと言われ絶句。確かにそのような職場はありますが、医療現場でそんなことがあれば、患者にだって伝わります。だからこそ知れ渡っていたのでしょうが、イジメ抜く→辞めさせる→イジメ抜くのループだそうです。気持ち悪い世界ですね。ですから申し訳ないけれど体調を崩して続けられないと言う理由で辞めたと言われました。人事の方も慣れているものでやっぱり無理でしたかといって直ぐに了承。呆気ないものでした。

他も似たり寄ったりで、手伝えば「手を出すな!」手伝わないで自分の仕事のみしていれば「気がきかない奴。自分だけ良ければいいのか」じゃあ、どうしたらいいんでしょうね?イジメ、きついですね。これでは医療現場は自殺の宝庫なんて言われても、仕方ないというものです。
(⇒いじめの多い職場なんです
(⇒もう限界の文字ばかり、掲示板は酷い話しで溢れかえっている!
(⇒酷い職場体験談。これうそほんと?

医療事務と介護事務、どちらの方が求人は多い?需要と供給を知りたい

医療事務の資格は様々な種類がある。一つは一般的な医科の医療事務。これがあなたがもっとも多く関わると思われる医療事務の形態であると言えるだろう。何故なら病院の医療事務というものがこれにあたるからだ。病院――小さな町医者、総合病院、大学病院、などなど様々病院はあるが、そこの受付や会計を行っているのも医療事務と言われる職種にあたる人々がやっていることだ。

では、その資格が様々な種類があると言うが、その一つの形態である、介護事務の資格というものを知っているだろうか?これは、老人ホームなど、そういった機関で働く方の専門の医療事務職になるのだが、現在需要が高くなっているのがこれであるのは誰しも知っているはずだろう。介護職の需要の高さ、それは少子高齢化社会、それが背景にある。ならば当たり前に介護事務のほうが、一般的な医療事務よりも需要が高いだろうと思うものだが、果たして、実際はどうなのだろう?

どちらの資格も持っている、と言った方が就職の際学んだことだそうだが、実際はその逆「医療事務よりも介護事務のほうが、需要が全くない」ということだった。一体、何故なのだろうか?介護福祉士やヘルパー、彼らはこの介護職につくにあたり資格を取るわけなのだが、この時に実は介護事務の資格も取得してしまうのだという。そのため、医療事務や介護事務など、これ単品で勉強をすることはなく、資格も単品では持っていないということである。そう、元から介護の現場で活躍する方がたが持っているのがほとんど当たり前ということもあり、介護事務のみを取得してさあ、介護の道へ、というのは難しい世界なのである。

そのため需要の観点からいけば、医療事務であれば総合病院などでは十名から二十名は雇い入れが当たり前であり、介護事務と比べて需要は高くなるのです。介護事務を取るならば、まずは介護福祉士の資格などを取得しましょう。双方持っていることで就職は容易になりますよ。

おすすめ講座はどこ?これから資格取得する人向けに纏めてみました!

通信教育で学ぶのであれば、ここがいいよ!というおすすめの講座を今回は纏めてみました。家を出ることが出来ない。家事に忙しくて……と言う方などに有用な情報でしょう。是非とも参考にしていただければと思います。

有名どころはユーキャンでしょうか?よくコマーシャルで医療事務の話しか……などと思いながらテレビを見ていると、ユーキャン!と最後に名前が出ますね。知名度が大変高く、更にはタレントもこの資格に受かった、などなど、誰でも受かりやすいようになっていることをうたっています。そのお陰で人気は大変高いのも特徴の一つでしょう。

ユーキャンは何よりも受講費用が安価であることが喜ばれていますね。そして初心者、今までこれに触れたこともない!ただ興味があっただけ、こんな方でも大丈夫なように教材が組まれています。これもまた、初心者でも受かる。自信を持てると言われるゆえんでしょう。在宅で資格を受けることが出来るというのも嬉しいですね。試験会場ではどうしても緊張してしまうと言う方もいるでしょうから、これはまさにユーキャンの強みと言えます。

ニチイも大変有名ですね。コマーシャルでユーキャンと言えば「資格」ですが、ニチイといえば「ああ、医療事務の?」なんて、真っ先に医療事務と名があがるくらいにニチイは医療事務とイコールで繋がっているように見られています。知名度抜群ですね。

ニチイがお勧めできると言える最大の強みはこれ「終了しました。では就職先ですが……」と、就職先の支援があることです。これ、ユーキャンにはないんですね。そして更には通信教育じゃ難しいかも。全然理解出来ない。というあなたに必見、授業を受けられる通学に変更がきいてしまうんです。それも、途中からもOKというんだから驚き。ただし、受講費用はお高いのがネックですね。これさえなければユーキャンよりニチイがいいという人は多いはずでしょう。

この二件、どちらかであれば必ず医療事務の資格が取れると断言できるほどにおすすめです。是非資格が欲しい時はこちらの講座にお申し込みを。

歯科医療事務の資格合格は難しい?実は押さえるポイントがあった!

あなたは歯医者さんに定期検診を受けに行きますか?大体の方が半年点検をすべきだと、車の様に点検を欠かさずしないといけないと、検診の申し込みをしているはず。でもこれ、やってもどうしても虫歯が出来てしまう人がいますよね。歯石を欠かさず取って貰っても、何故かまた出来るの繰り返し。中々上手く出来ない時期と言うものが作れない人がいます。実を言うと虫歯が出来やすい人っているらしく、これにあたると相当気をつけて歯を磨いていても、出来ちゃうんですって。

因みにそんな歯科医師の手助けをする歯科助手ですが、これも実は医療事務の一形態になります。事務員が実は助手をしていたっていうのも驚きですが本当ですよ。資格は歯科医療事務管理士というものになりますが、これ、一発受験の合格率、案外高いんです。50%~75%ですから、大変高いと言えると思います。でも実はこれ、数字上のことであり、実際は話しが全然違うんです。試験会場に資料持ち込みが可能であると考えると、ある種異様に低いと思いませんか?

実を言えば医療事務の歯科部門、テキストってものが入手しにくいことで有名で、そのため中々独学で学ぶのが厳しいんです。ですからどうやっても一発で合格っていうものが厳しいというわけ。そもそも持ち込み可のはずなのに持ちこめる教材が独学じゃ手に入らないんですから意味がないというのもありそうですけれどね。

因みに独学で学ぼうと考えたら、日本医療事務センターが発行しているテキストを購入するしかないのですが、こちら、本屋では滅多に取り扱わない商品なため、お手上げ状態になるかも。ですから直接購入するしか無いとも言われるため、勉強を始めると決めた時から即座に電話して届けて貰った方がいいかもですよ。独学を諦めるなら講座のほうが余程簡単です、ということだけは念頭に置いておくこと。ただし、金額は独学よりも数倍かかりますけれど。
(⇒歯科医療事務とはどんな仕事なのか?

年収250万?これでも多い方なの?医療事務って安月給が事実です!

どの仕事はどれくらいの年収で、なんて話しは下世話ではありますが、皆さん良くしていますよね?テレビの報道で特集が組まれて、どこそこの社員だと年収が1000万を越えるとか、議員は、公務員は、などなど。その中でも医療関係者は高給取りのようなイメージが未だまん延しているようです。けれど、開業医はいいとしても総合病院に勤めている医師などはそうまで開業医ほど稼げはしないとぼやいていますし、看護師だってそこまで騒がれるほど高くはないと言います。では、医療事務はどうなのでしょうか?給料は低いと言われていますが、ボーナスなどで年収はぐんと上がったりするのでしょうか?賞与などを含んだ年収で現在医療事務だと言う方にお聞きしてみました。

年収にしたら220万、月給は16万が基本給と言う方と、年収は250万で月給は18万が基本給と言う方の話しをお聞きしました。基本給は可也医療関係者と考えると低く映ります。ボーナスもスズメの涙ほどなんだと聞けば、まさか、そんな言葉が口を突いて出ることでしょう。なんだか病院となると、もっともっと貰っていてもおかしくないと、それこそ勝手に頭の中で考えていて、全然貰えないんだなどと考えもしていませんでしたね。

ですが現実はこんなもの。基本給が18万として12カ月で216万。残業はレセプト期間などがありますから、確実にあると言いますので、毎月基本給に2万から5万くらい足されることもあると言います。2万足して考えると20万ですよね。それを12カ月で考えて240万です。ボーナスを入れて250万と言うことでしたから、なるほど、年に2度のボーナスがあって250万。つまりはボーナスは夏と冬、5万ずつと言うことですね。なんだか想像もつかないような凄まじい話しです。
(⇒医療事務の仕事はきつい?実際の話しはどうなの?

ここに登録すれば良い!押さえておきたい医療事務派遣会社ベスト3!

医療事務は需要よりも供給が多く、どうしても過剰供給になりがちなのか、中々職にありつけないと言った方が多いですね。そんな中「派遣会社にでもいいから」といった声も多く、派遣会社から登録を始めるといったかたも珍しくはありません。もしくは「派遣会社から実績を積んで」というかたもおりますね。実際に医療機関では医療事務の経験を積んでいる方を優先的に雇う傾向にありますので、これは最短ルートを目指すのであれば必要なことと言えるでしょう。

さて派遣会社の話題に戻りますが、派遣会社、あなたはどこに登録すれば必ず医療事務として働けると思いますか?ランキング形式で今回はこれを解説したいと思います。

1位は日本医療事務センターでしょう。実は医療事務の正社員としての求人も、こちらでは多いと評判なのですが、この日本医療事務センター、派遣会社も行っているのですね。派遣に強い、そのような評判の日本医療事務センター、ここは多くの派遣先を抱えています。そして名前の通り、歴史ある会社ですので、病院などの信頼も厚いというのが特徴でしょう。日本医療事務センターの医療事務講座を取り、資格取得をするだけで、こちらの方で就職を援助していただけるというのが嬉しいですね。

2位は勿論ニチイ学館。医療事務講座と同時に派遣で仕事を紹介していただけるところです。日本医療事務センターと違い、こちらは給料が安いとの悪評もつきまとうため、残念ながら2位でした。元から医療事務は給料が安いところを、更にニチイですと買いたたかれるようにしてお安い給料で働くことになるため、働けるか!と、皆さん経験を一年でも二年でも、積んだらさっさとニチイの登録を切り、自分で正社員として働ける先を探し出すんだそうですよ。給料が安い、これは生活に直結するため確かに辛そうです。

3位はPASONA。医療事務専門のような1位2位に比べると、PASONAはそんなことはなく、数多くの職種を紹介する派遣会社になっております。資格さえ持っていれば職を紹介していただけるとか。ですから医療事務は医療事務の職を紹介していただけると評判です。全国的に大手の派遣先を抱えているため働き口が沢山あると評判の派遣会社さま。比較的お給料が高いということで人気はうなぎ上りなのです。

医療事務専門学校、実習を受けて感想文提出、やっぱり現場は大変だ!

専門学校では医療事務の実習を受けて感想文を提出する授業があるそうです。矢張り勉強だけでは学べないことも多くありますから、実地を学ぶ意味合いとして、必要ということでしょう。現場を学べるというのは大変いい機会ということで、こうした授業はどこも取り入れているようです。

では実際に現場で働いてみた結果、どのような感想をいだいたのでしょうか?学生から見た医療事務の現場風景はどんなものだったのでしょうか?今回はそちらについて纏めさせていただきました。

どのような仕事をしたのかですが、来院された患者のカルテを出して、診療内容を確認、それを記載。外来診療に回すなど、通常の医療事務同様の仕事をしたと言うことです。リハビリの患者がいれば、そちらの点数を記載。請求書を出したりもしたそうです。レセプトの訂正、新患受け付け、そして新たな診察券の発行にカルテ作成。他雑用なども行ったとのことでした。

また、別の病院では窓口で患者の要望なども聞いたりなど、直接的な触れあいがあり、中々に新鮮だったという感想まであり、充実感は十分得られたと、生徒は満足げでした。

実際に実地の経験を得て良かったと思ったことは?と尋ねたところ、全員が全員これは感じたと言っていたのがこんな感想でした。「患者さんにとってみたら、私達は医療事務のプロであり、実習生かどうかなんて関係ない。だから勤め始めたばかりだから出来ませんなんて、働くようになったって患者さんの前じゃ言えないんだなって痛感しました」それはどこの仕事でも一緒でしょうが、相手は体調の不調を感じ、病院にきているということで、通常の仕事よりも責任は更に増すのは確かでしょう。そんな仕事なのだと分かり、今回実習を受けてみて本当に良かった。そのような感想が多く集まっていました。

医療事務を通信講座などで得ようと考えている人にとってみれば、こうした実習は受けることが叶わないものです。ですが実際に受けた方からの意見や感想などは知れるはず。こうしたものを読むだけでも、実際の現場に配属されたおりにきっと役に立つはずですよ。
(⇒資格取得後はどうなの?

医療事務資格会場試験、受ける前に知っておくことは山とある!?

医療事務の試験を受けるつもりで猛勉強中のあなたにちょっとお話しがあります。あなたは知っていますか?医療事務の資格試験は、実を言うと種類が多くて勘違いして別の試験を受けてしまうって人も、中にはいることを。ちょっとこれって格好悪いですが、格好いいか悪いかではなしに、大変まずいことになりかねません。

医療事務といっても大きく分けて医科と歯科があるだけでなく、秘書にレベルが上がったことを見せるための上位レベルの試験まであります。間違っていってしまった試験会場がとんでもないハイレベルだったらもう二度と受けようなんて思えなくなっちゃいませんか?これはあまりにも宜しくありませんね。

ですからあなたはまず、自分の取得したい、これだ!と思った医療事務の試験を見定め、試験の対策をきちんと立てる必要があるのです。代表的で更にはもっとも医療事務としての資格として、求められている資格である、診療報酬請求事務能力認定試験、こちらの試験になりますが、こちらは医科と歯科があり、どちらかを選択して行います。一年の間にこれは二度ほど行われる試験日に向けて勉強をしていくもので、試験会場は16の都道府県で行われるので会場もきちんと調べておきましょう。自分の住む住居の近くで試験が行われない場合は、前日ホテル泊なども考えなくてはならないため注意。

逆に専門学校などでは自分の通っていた専門学校などで行ったりもする模様。そのため別段遠くまでいかなくてはと気負う必要はないようです。

どこでやる、何をやる、そしていつにやる、その全てを最初に計画として組み込んでおくこと。そうすることでまた、随分と試験対策方法も変わってくるかと思います。会場では緊張するため自宅で、と言う場合は講座選びから変えなくてはなりませんしね。まずはどの試験がどんなところで行われているのか調べる。そこから始める試験勉強というのもいいかもしれませんよ。
(⇒そもそも資格受講のお金は高いから受けるなんて出来ないと言う人はこちら

<1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 >