医療事務

医療事務資格の種類は豊富 自分に合った資格を探そう!

医療事務は女性に最も人気のある資格ですが、医療事務資格と一言で言ってもその資格や試験は数十種類にも及びます。実は医療事務は医師や看護師と違って国家試験などはなく、資格がなくても働くことができるのですが、資格を持っていたほうが就職しやすいのは言うまでもありません。一番理想なのは基本の試験や資格を取得し、働くなかでさらに資格を取得してキャリアップしていくことです。医療事務で重要なのは実務経験を積むことで、実務経験があれば結婚や出産で職場を離れても再就職しやすいといえます。

医療事務資格の中でも最も一般的で人気が高いのは診療報酬請求事務能力認定試験です。これは医療事務で必ず必要となるレセプトの作成能力をみるものです。また診療報酬請求事務業務や窓口業務、カルテ管理など医療事務全般に関する能力を試す医療事務技能審査試験もあり、この試験をクリアするとメディカルクラークの資格を取得することができます。メディカルクラークの資格保持者でないと受験することのできない試験もありますので、キャリアアップには必要な資格と言えます。最近ではカルテの記入もコンピュータで行う場合がほとんどですので、医療事務ではコンピュータスキルも問われます。医事オペレータ技能認定試験や医事コンピュータ技能検定試験は患者情報や診察伝票を入力する能力の試験です。その他にも調剤事務の業務に関する能力を試す調剤事務管理士技能認定試験や医療秘書としての基礎知識やマナーを問う医療秘書実務能力認定試験などがあります。

また近年注目されているのが介護事務管理士技能認定試験です。今後高齢化社会が予想される中で介護に関わる仕事のニーズは増えていくでしょう。介護事務とは介護サービスを提供する施設で働くのに必要な介護保険制度や介護報酬などの基礎知識に関する技能を試す試験です。このように医療事務関連の資格は多種多様で難易度も様々です。まず自分がどのような環境でどんなふうに働きたいのかしっかりとしたビジョンを持ち、そのためにはどんな資格が必要なのか確認しましょう。また現在医療事務職に就いている人も今後のキャリアアップのために必要な資格目指して頑張りましょう。

医療事務の求人広告が気になる!未経験でも大丈夫?

医療事務は女性にとって就職しやすい資格として人気が高いのですが、専門学校で医療事務講座などを受けている受講生にとって心配なのは受講終了後の就職先です。医療事務に限らず、不景気の影響でできるだけ人件費を削りたい医療機関が多いので未経験者よりも職務経験のある人材を求めています。全くの未経験者であればすべてをいちから教えなくてはいけません。そのための時間や労力を節約したいという考え方です。しかし、実際に医療現場で働いたことがなくても、医療事務講座を受けることで知識やスキルをはじめ実際の現場で働くのと同じような模擬実習やインターンシップなどを経験していればそれは就職に有利になるといえます。

医療事務講座を開講している専門学校は多くあります。医療事務講座の受講を考えている人はどの学校を選ぶべきなのか迷うでしょう。もちろん授業内容や講師の熟練度なども重要ですが、就職相談や就職サポートを行っているかどうかも重要な決め手となります。たとえば大手専門学校のニチイは全国の医療機関と提携し圧倒的な求人数を誇ります。就業ガイダンスや模擬面接なども行っていて受講生をサポートしています。専門学校によっては講師が実際の医療現場で働いた経験のある人である場合、実践に役立つ話を聞かせてくれたりします。

求人広告には未経験者可と書かれていてもやはり経験がある方が有利ではないかと心配している人は受講中にどれだけ現場のことを理解したかなどを伝えるといいでしょう。医療事務に関する知識やスキルはもちろんのこと、患者へのマナーや仕事に対する熱意や協調性などを伝えましょう。採用する側としては未経験であっても医療講座を受講中に学んだことを生かしていけるような人材であると判断されれば採用につながる可能性が高いといえます。

歯科医療事務って医療事務とはなにが違うの?どんな資格があるの?

医療事務は人気の高い資格ですが、同様に歯科医療事務を目指す人も最近は増えています。歯科医療事務の主な仕事内容は歯科医での受け付けや予約、カルテ入力や歯科医療報酬の計算などです。医療事務と異なる点は歯科医療事務の場合は実際に診察室に入り歯科医のサポートを行うということです。医療事務と同様に診察報酬明細書(レセプト)の作成も重要な業務ですが、歯科医の場合自由診療ですので自己負担分が多くなることもあります。

歯科医療事務は専門学校の通学講座や通信講座で学ぶことができます。歯科医療事務講座では一般歯科、小児歯科、口腔外科などの口の中の病気全般や初期の虫歯治療から入れ歯についてなど学ぶ内容は通常の医療事務とは異なります。歯科医療事務の資格はいろいろありますが、一番知られているのは医療事務管理士技能認定試験でしょう。これは医療事務と歯科医療事務の二つに分かれている試験です。歯科医療の中で難易度が高い試験といえば診療報酬請求事務能力認定試験(歯科)です。これはレセプトの作成能力を示す試験で就職などに役立ちます。歯科医の場合は個人で開業している場合が多く、レセプトにミスがあると支払いが遅れ医院の運営そのものに支障をきたすためとても重要と言えます。

歯科医療事務を学ぶためには歯科医療事務講座に通う必要があります。大手専門学校のニック(現)ソラストでは歯科医療の基礎コースを設けており、最短1か月で学ぶことができます。歯科医療は医療事務に比べると学習範囲が狭いため比較的難易度が低く、歯科医療のしぼって学習する人が多いにはそのためです。ソラストでは講座終了後の就職サポートも充実しており、安心して学習に集中することができます。

数ある医療事務の資格 一番難易度が高い資格とは?

不況の影響で理想の仕事につくことが難しくなり、とくに女性は結婚や出産などで職場を離れなければならないため安定した仕事を探すのが困難です。女性の多くは資格を取得し、手に職をつけることで少しでも賃金の高い仕事につくことを希望しています。資格の中でもとくに人気が高いのは医療事務です。医療機関は全国にあるため他の職種に比べて求人数が多いのです。また育児が忙しかったり、夫の扶養範囲内で働きたい場合など自分の都合に合わせてアルバイトや契約社員、正社員などを選ぶことができるのも人気の秘密です。医療事務は特別なスキルと経験によって、ほかの職種よりも高い時給を得ることができます。

医療事務とひとことで言ってもその資格にはいろいろあります。医療事務資格の中でもとくに人気が高いのが診療報酬請求事務能力認定試験です。診療報酬請求事務能力認定試験はレセプトを作成する能力を試す試験です。さらに医療事務技能審査試験では診療報酬請求事務業務や窓口業務、カルテ管理など医療事務に必要な業務全般に関する試験を行い、この試験をクリアするとメディカルクラークという資格を取得することができます。メディカルクラークの資格を取得していないと受験資格を得られない試験もありますのでこの試験に合格するとその後のキャリアプランが広がります。また最近ではカルテの作成もコンピュータを使用しますのでコンピュータスキルは大変重要になります。医事オペレータ技能認定試験では診療伝票をはじめ患者情報などを入力する能力が問われます。ほかにも医療秘書に必要な医療秘書実務能力認定試験や、調剤薬局事務の業務をこなす調剤事務管理士技能認定試験などがあります。

では、これらの資格試験の難易度はどれくらいでしょうか。医療事務資格の中で比較的合格しやすいのは医療事務技能審査試験で合格率は約50%です。また医療事務管理士技能認定試験の合格率は、医科が約45%となります。中には難易度の高い試験もありますが、医療事務に関する講座や教材などは多くありますのでそちらを活用して地道に学習すれば合格は難しくありません。自分に合った学習法を見つけて頑張りましょう。

通学や通信があるけれど忙しい私は独学で医療事務資格を取得したい

医療事務を学ぶにはいろいろな方法があります。専門学校に通って医療事務講座を受講したり、通信講座で自宅にいながら学習したり、また自分一人の力で独学という形で学習を進めていくことも可能です。ただ医療事務に関する知識がゼロの場合、いったいなにから始めればいいのかわからないという人も多いでしょう。医療事務の資格は数多くありますが、中には専門の医療事務講座を修了しないと取得できないもの、受験資格を得ることができないものもあります。ただ医師や看護師と違って医療事務に資格というものは実は必要なく、知識とスキルがあれば仕事ができてしまうのです。ただ就職のさいには資格を持っていたほうが有利ですし、自分の知識やスキルを確認する上でも資格取得をおすすめします。

医療事務関連の資格はたくさんあります。診療報酬請求事務能力認定試験、医療事務実務士、医療秘書の資格、調剤事務の資格、医事コンピュータの資格など数え上げたらきりがありません。難易度の高い資格や試験もあり、独学で勉強するにはよほどのやる気と熱意が必要です。独学で学ぶ場合、まず自分がなんの資格を取得したいかを決めましょう。そして、数ある医療事務関連の学習書の中からその試験に対応したものを選ぶ必要があります。その他にも診療報酬の点数早見表が必要だったり、レセプトの書き方の専門書が必要だったりします。過去の問題集などももちろん必要です。

独学で学ぶことがなぜ難しいのかといえば分からないことがあった時に回答してくれる人がいないからです。励まし合う仲間もいません。試験の傾向などもわかりませんし、間違いを指摘してくれる人もいません。独学でどうしても学びたいのであればせめて基礎コースだけでも受講し、医療講座の基本を理解してからその先を自分で勉強するというのはどうでしょうか。それが結局は医療事務の資格を取得する近道かもしれません。

医療事務のアルバイト、自分のライフスタイルに合った働き方がしたい

医療事務はいつの時代も女性の間では人気のある職種です。不景気の影響で現在は資格やスキルを持っていないとなかなか安定した仕事に就くのは難しいと言われています。数ある資格の中で女性にとって魅力的な医療事務。その理由はいくつか挙げられます。まず医療機関は全国にあり、求人数が圧倒的に多いという点です。女性は結婚や出産で仕事を離れなくてならない場合がありますが、医療事務の資格を持っていると再就職しやすいのです。それに加えて、パートタイムやフルタイム、アルバイトなど自分のペースに合った働き方を選択することができます。

自分の生活に合わせて働き方を選べるという点はとても魅力的です。本業が別にあったり、家庭を持っていたりするとアルバイトやパートタイムで働くことを希望する人もいます。求人サイトなどで検索するとよくわかりますが、医療事務のアルバイトの求人数はとても多いのです。医療事務関連の業務の場合、時給はほとんどの場合1000円以上です。ファーストフードやコンビニなど比較的誰でもできるアルバイトに比べ、医療事務は知識やスキルが必要となりますのでその分時給が高くなります。勤務時間もアルバイトの場合、一日数時間から働くことができますし、週に3回、4回の出勤ということも可能です。家庭があったり、子供がいたり、扶養範囲内で働きたい人にとっては魅力的な条件です。また医療機関は土日祭日は休みですので残業や土日出勤もないと言っていいでしょう。

医療事務の仕事内容は受付業務や会計業務、患者への対応です。医療機関には医師や看護師をはじめ多くの人が働いていますので、チームワークを乱さず働くことができることが重要です。また患者さんに対するマナーや気遣いなども必要となるでしょう。スキルアップし、アルバイト先にとって必要な人材と認められれば時給もアップしていきますし、とてもやりがいのある仕事だといえます。

医療事務を学びたいけど、医療事務の仕事内容ってどんなこと?

不景気の影響でなかなか希望の仕事に就くことが難しい時代ですが、だからこそ手に職をつけたいと考える人が増えています。何か資格を取りたいと考えたとき、真っ先に思い浮かぶのは医療事務です。医療事務はとくに女性に人気の資格です。その理由はパートタイムやフルタイムなど自分の生活に合った働き方ができること、また結婚や出産で一度職場を離れても再就職しやすいという点でしょうか。そして、何よりも医療機関は全国にあり求人数も他の職種に比べて多いといえます。

資格を取得するなら医療事務を、と考えていても、実際に医療事務とはどのような仕事なのか把握していない人が少なくありません。医療事務はいくつかの業務に分けることができます。オペレータ業務はカルテや診療内容、薬などを会計システムなどのコンピュータに入力する業務です。診療報酬請求業務は自己負担額を除いた医療費を健康保険組合などに請求する診療報酬明細書(レセプト)を作成する業務です。その他にも受付業務や会計業務、入院手続きや看護師の手助けをする病棟クラークなどの業務もあります。医療事務を学ぶ際には単独で一つの業務について学習するのではなく、総合的に理解する必要があります。

たとえばある医療事務講座を開講している大手専門学校では保険制度の仕組みや診察費の計算方法、レセプトの書き方などを中心に学びます。しかし、それだけではなく、病院内でのマナー、患者への接し方なども重要と考えています。また最近ではカルテの入力などもパソコンを使用しますのでコンピュータスキルなども求められます。医療事務講座では医療事務に関する様々な学習を熟練した講師のもとわかりやすい教材を用いて学習します。講座終了後は就職サポートなどもありますので、安心して学習に集中できます。

医療事務の面接をクリアするために絶対必要なポイントはこれだ!

医療事務は女性に人気の資格ナンバーワンです。女性は結婚や出産などで職場を離れなければならないことがありますが医療機関は日本全国どこにでもあり、求人数も圧倒的に多いといえます。一度医療事務の資格を取得すれば、再就職しやすいと言われています。またパートタイムやフルタイム、アルバイトなど自分にあったペースで仕事をすることができます。今後日本は高齢化社会になることが予想されるため、医療事務のニーズも増えていくでしょう。

医療事務講座を開講している専門学校は多くあります。それだけでも人気の高さがうかがえます。授業内容や授業時間も様々で仕事で忙しい人も自分の都合のいい時間に受講することができます。また多くの専門学校が講座終了後の就職サポートを行っていて、就職しやすい環境が整っているのも人気の秘密です。就職サポートの一貫として就職相談はもちろん模擬面接などを行っている学校も少なくありません。

医療事務に限らず就職のさいに避けては通れないのが面接です。面接では知識はもちろん人柄も採用ポイントになります。医療事務の仕事に携わる場合、医師や看護婦、その他の病院スタッフなどと共同で作業を行うことになります。その中でチームワークを乱さずに仕事ができるかどうかは重要です。そして、もちろん医療事務に関する知識も試されるところです。求人の際に未経験可や経験不問などと書かれていても採用する側としては知識がないよりは多少でもあった方が採用確率が上がることは確実です。

面接でよく聞かれる質問としては、志望動機や当院を選んだ理由、意気込みやパソコンスキルなどに関することです。志望先の医療機関を選んだ理由として最も好ましいのはその医療機関の方針と自分の考え方が一致していることを伝えることではないでしょうか。その医療機関がどんなことに力を入れているのか、患者のことをどう考えているかなどホームページなどを事前にチェックしておきましょう。そしてもうひとつ大切なのはその仕事に対する熱意を伝えることです。豊富な経験がなくても患者さんの力になりたいなど仕事に対する積極性や自分の姿勢を示すことは面接をクリアできるかどうかの大きなポイントになります。

医療事務ならやっぱりニック!充実した講座内容と就職サポート!

医療事務の最大手として有名なニックは2012年10月からソラストと名前が変更されました。名前が変わっても日本で最初の医療事務講座という誇りと積み上げてきたノウハウを生かし、医療事務を学ぼうとする人々をサポートしています。医療事務が数ある資格の中でとくに女性に人気が高いのには理由があります。今後高齢化社会が予想される中で医療事務は日本全国どこでも求人数が多く、また結婚や出産で一度離職しても再就職しやすい職種といえます。またフルタイムやパートタイムなど自分のペースで働くことができるのも人気の理由です。

医療事務と一言で言っても実際にはいくつかの専門業務に分かれています。病棟クラークは入退院手続きや診療内容の入力、看護師の業務作業の補助などを行います。その他にも診療報酬請求業務やオペレータ業務、会計業務、受付業務などがあります。こうした様々な業務に対応できるようにニックでは総合的な授業内容になっています。

では実際の医療事務講座ではどのようなことを学習するのでしょうか。医療保険制度や診療費の仕組み、また通常レセプトと呼ばれる診療報酬明細書の書き方などを学びます。医療事務講座の中でもニックが人気なのはその講座内容以外にも豊富なクラス設定やベテランの講師、少人数制というクラス編成にあります。経験豊かな講師が一人ひとりにわかりやすく授業内容を解説してくれます。また短期クラスや夜間クラスなど仕事を持つ人など忙しい人でも通えるように一人ひとりのニーズにあった講座を開講しています。

また医療事務講座の中でも細かくコースが分かれ、基礎コースやコンピュータコース、よくばりコースなど受講者に必要なカリキュラムを提供してくれます。使用する教材も長年の培ったノウハウを生かした内容で、例題や練習問題、図解を多用したわかりやすい解説付きとなっています。これは授業で使用するだけではなく、就職後も活用できる内容になっています。

そしてなんといってもニックが人気の理由は講座終了後の就職サポートシステムです。これはニックが運営する求人サイトに登録することで就職を完全バックアップしてもらえるシステムです。受講生にとっては講座終了後の就職を不安に感じている人も多いと思いますが、このシステムによって就職相談や就職サポートを受けることができるので安心です。

仕事として価値がある?医療事務で勤めている方が感じた仕事の喜び

仕事として、その業種のプロフェッショナルとなるのは人一倍努力が必要でしょう。医療事務の仕事は給料も一般企業の事務職並みの給料です。少しでも給料を上げていきたいと考えている方は、専門的な知識や技術を持っていることを証明するメディカルクラークや医療事務管理士を取得するための資格試験を受けていくことになるでしょう。

ただ、まずは仕事に慣れることから始めていくことになるかと思います。正直、仕事始めを中心に現場で医療事務の仕事をしていると、時間の拘束や仕事量の多さで肉体的にも精神的も厳しくなるという方も多いことでしょう。そんな中で医療事務に携わって良かったと実感した経験もあるかと思います。

インターネットの仕事紹介のサイトでも様々な病院で頑張っている医療事務の方にインタビューし経験談を聞いています。その中で医療事務をやっていて良かったという話は多くあります。例えば、病院の窓口として患者の受付や担当医へ患者のカルテの提出、会計の作成や来院の予約受付などを行っている方が仕事をやっていて良かったと思えることは、コミュニケーション能力が欠かせない現場で、患者に名前を覚えてもらっていろいろな楽しい話を聞けたり、名前で呼んでもらえるという喜びがあるということです。医療事務は基本的に医療関連では裏方の仕事といってもいいでしょう。そんな中で、名前を覚えてもらえるというのは、継続して仕事をしてきた結果であり、何とも言えない仕事の充実感もあるでしょう。

仕事には厳しく苦しいことも多いかと思います。医療事務はクレーム対応や患者対応も行っていかなければなりませんので、コミュニケーション能力は絶対不可欠です。当然ながら精神力も必要となります。また、時間外勤務も多いので肉体的にも疲労が絶えないでしょう。しかし、達成感を持てることを持って仕事に臨めば、取り組み方も変わります。自分なりの仕事の喜びを見つけていきましょう。

<1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 >