医療事務

通信講座もスクールも必要なし!?独学で医療事務の資格を取る方法

仕事やプライベートが忙しくて、なかなか勉強する時間を組むことができないという方も多いでしょう。また、自力で資格の取得や専門知識を勉強できるというのならば、参考書などを買っていくことで安上がりにし、スクールや通信講座にお金をかけたくないという心理を働かせるという方もいるでしょう。

医療事務の資格試験などは、数カ月集中して勉強することで取れると考えている方はどのくらいいるでしょうか。また、特別な医療関連の学校に通わなければならなかったり、必要な実務を数年間行わなくても取れる資格はどのくらいあるのでしょうか。独学で取得できる医療事務の資格はたくさんあります。じっくりと勉強して取っていきましょう。

独学でできる医療事務の資格は、難易度の高いもので有名なのは診療報酬請求事務能力認定試験です。年2回、毎年7月と12月に開催されています。この資格は医療機関での評価も高く、就職や転職でも十分に活躍できる資格となるでしょう。受験するのに必要な条件はありません。受験料を払えば大丈夫です。この資格を独学で取るにはどうしたらいいでしょうか。ポイントは、過去問です。この試験は過去問が多く出題されることが多く、把握しているとかなり有利になるでしょう。全く医療事務について知識がないと参考書をじっくり読んでいると厳しいかもしれません。もし、じっくりと読む箇所を知りたいというのならば、レセプトの基本や、医療保険制度や法規について読むのがいいでしょう。独学で合格するには、とにかく過去問を制覇が絶対条件です。

また、医療事務実務士は合格率が毎年高い人気のある資格です。この資格は、無駄な診療報酬請求を省いたり、請求漏れを防止するテクニックや、実務に関する能力のレベルを計るための試験です。受験級は2級と1級があり、2級は受験する前提条件はありません。ただ、実技の知識もかなり必要となるこの資格試験は、専門的に教えてくれるところに通いましょう。独学ではまだ勉強していけるプランができるほど、参考書等がありません。独学での合格は厳しいでしょう。

独学で医療事務の資格を取るには、専門知識が必要ですのでしっかりと把握できる勉強方法を決めましょう。そして、難しいと考えているならば、資格取得支援学校に通ってしっかりと資格を取りましょう。

医療事務のスクールもある?医療事務が学べるスクールで学べること

社会人になって、資格取得をしたいと考えた時に参考書を買って独学で勉強をしていくか、通信講座などを使って自分のペースで勉強していくことを考えていくでしょう。そんな中で資格を取得する上で医療関係の授業を行ってくれるスクールに通うということを考えたことがあるでしょうか。通信講座や参考書から、自分の疑問を解消できないという方は、専門講師から学んでいくことで納得のいく疑問の解消方法を取りたいと思っている方もいるでしょう。

医療関連の知識をつけられる通学ができるスクールは多々あります。例えば、人気の高いニチイでは通学できるスクールは全国各地に設置されています。どこにあるか分からないという方は、最寄りの教室をインターネットで検索することができますので、まずは確認してみましょう。医療など様々なカリキュラムを組んでおり、医療保険制度のしくみから技能審査試験対策まで、充実した講義内容を用意しています。年間7,000クラスを開講しています。通学コースは3ヶ月間提供されており、時間帯も午前から夜間まで授業時間を汲んでいます。また、午前と短期を組んだり、1日を短期間ずっと通うことができますので、短期で修了することも可能です。

そして、全国64か所に設置している有名な資格取得支援スクールとして、資格の大原があります。様々な職業につけるように専門的な講座を用意しており、取得したい資格の上位となっている医療事務と当然要しています。ニチイとは異なり、とにかく短期間で効率よく学習を行っていけるように、勉強方法はステップアップ式のカリキュラムを用意しています。簡単・手軽に医療事務を学ぶことができます。経済的に厳しいという方にもローン形式を組んでいますので、格安で授業を受けることができるでしょう。

医療事務を詳しく学びたいという方で、スクールに通ってじっくりと学びたいという方はまずは最寄りに通学できるスクールがあるかしっかりと調べていきましょう。そして、期間や費用を確認し無理なく授業を受けていきましょう。

男性も医療事務が可能?医療現場における男性が医療事務ができる環境

近年、スチュワーデスという職種がキャビンアテンダントに変わったり、看護婦が看護師に変わったりと呼び方が少しずつ変わってきています。これは男性も女性も垣根なくその業務に携わることが多くなってきたため、差別を起こすのではないかと物議になったということもあり、呼び名が変わった職種です。先述のキャビンアテンダントはさすがに男性は見たことはないですが、看護師は近年、男性の方も業務にあたっている方が増えてきています。

医療関係も男性が中心に携わるという時代では無くなってきました。女医さんも急増し病院を設立し患者への対応を行っています。女性としての観点で診察を受けることができると人気を集めている病院も出てくる時代になりました。では、医療事務はどうでしょうか。医師や看護師では男性もいらっしゃいます。医療事務に携わっている男性を、あまり病院に行った時に見かけないのではないでしょうか。そもそも、男性は医療事務に携わることができるのでしょうか。

結論を言うと、ニーズはあるので男性でも募集をかけている病院はあります。専門学校や通信講座を受けながら医療事務の基礎を学んで、晴れて病院に勤めるということもできます。就職で行き詰っているという方がいたら、この医療事務を選んでみてもいいかもしれません。

しかし、現実は厳しいと思ってください。一般的に正社員として雇っている病院はハッキリ言って少ないです。大体は派遣かパートです。男性でも受け付けに立って、医療事務をこなしていきますが、採用する際に女性と異なる観点を求められます。それは「将来性」です。女性は長く勤めると、恋人と結婚したり、妊娠や出産、更には育児と家庭と両立させていかなければならなくなったり、職を退くということも十分考えられます。病院とはいえ人材不足は大問題です。そこで、長く勤めてくれる人なのか、スキルをつけたら後輩を指導できる人材なのかシビアに見ていきます。給与体系は女性と変わりません。あくまで医療事務としての給料です。

医療事務に携わってみたいと考えている方は、様々な病院の求人広告を改めてみてください。雇用体系から給与体系まで隅々まで見て本当に医療事務に関われるか、判断する力が求められます。

通信講座は簡単なもの?医療事務の通信講座の概要について

医療事務に就くために、色々な方法で勉強することかと思います。仕事で給料をもらうわけですから、最低限の知識をつけていかないと病院側にも採用されないでしょう。業務経験未経験の方でも、熱意が伝われば採用というケースもありますが、仕事をしながら知識や技術を身につけないといけません。また、給料を上げたいと考えると、様々な資格を取りながら仕事を続けていくことになるでしょう。そのためにも様々な勉強方法から、自分に合ったものを選んでいかなければなりません。

とても忙しく、資格試験について色々教えてくれるスクールには通えないという方に人気なのが、通信講座です。自宅で自分のペースで勉強することができるのが、通信講座が人気を集めている理由です。当然、医療事務に関わる前に知識をつけたいという方も通信教育を受けることができます。しかし、一つ誤解を生んでいることがあれば再認識していただきたいのですが、医療事務に関する資格がなければ、必ずしも医療事務の仕事に就けないというわけではありません。ただ、就職活動を行っていく際に、現実としてほとんどの病院や診療所などでは求人条件として、ある種の医療事務資格を採用の条件としているということを忘れてはいけません。

通信講座を提供しているところは様々ありますが、人気にあるところはどこでしょうか。インターネットの口コミなどで人気があるのは、長年の実績があるニチイの通信講座でしょう。講座内容は半年間、自分のペースで学ぶことができるようにカリキュラムを組んでいます。インターネットのサービスも充実しています。通信講座を受けていく中で、勉強に関する疑問は電話やメール、FAXなどで対応してくれます。医療事務の資格である、医療事務技能審査試験に完全対応していますので、半年間でしっかりと力をつけて試験に臨みましょう。

他にも医療事務で一歩秀でた通信講座として人気が急増しているのが、ユーキャンです。他の通信講座とは一味違う、図や表、イラストなどを用いたわかりやすいテキストを提供し、受講料も安く提供しています。そして、医療機関への就職サポートガイドも充実していますので、就職活動でも心強いでしょう。そして、5つの認定試験合格を目指すカリキュラムを持つヒューマンアカデミーも人気です。勉強用の電子カルテソフトも提供しており、実技にも強い教材を揃えています。そして、総合人材サービス企業とも提携していますので、就業サポートも充実しています。

多くの企業で通信講座を提供していますので、自分の生活に合わせたり、自分が学習しやすい勉強プランに近い通信講座を選んで、医療事務に関する知識をつけたり、資格試験の合格を目指しましょう。

審査試験もあるので要注意!医療事務技能審査試験の概要

医療に関して保険料などが懐に厳しくなってくる時代になりました。高齢化社会になってきている世の中で、患者も高齢者が増えてきています。そんな中で、現在企業などで頑張っている社会人にも医療費は3割負担という厳しい仕打ちを課せられていますし、社会保険料率が上がり続けている状況になっています。

これらの医療費は本当に何も知らないと上がっていきます。知るためにも病院では医療事務として勤めている受付の方から細かく聞いておくのがいいでしょう。反対に医療事務をやっていく中で、しっかりと患者に納得のいく医療費用の内訳を説明していかなければなりません。医療機関の収入に直結するのが、診療報酬です。その診療報酬請求事務だけでなく、病院では良質なサービスの提供の一環として、不安を無くす患者接遇など、医療事務職は現在、今までよりも質の高い専門技能が求められています。そこで、医療事務技能審査試験という試験を設け、医療事務技能の向上を目指しているのが、日本医療教育財団です。

医療事務技能審査試験は昭和49年度から採用されている試験です。これまでこの試験を受けた受験生はのべ145万人を超えています。今存在している、医療事務に関する資格試験の中では最大規模の試験となっています。試験の目的としては、受験生が医事現場のニーズに対応しているかどうかです。「患者中心の医療」が叫ばれている中で、納得のいくサービスができているか、その知識があるかをこの試験で確認していきます。

合格すると、病院で明細作成などの診療報酬請求事務業務や、レセプト作成、カルテ管理といった窓口業務など、医療事務職として求められる能力を備えていることを証明する「メディカルクラーク」という称号をもらえます。これは全国各地で採用される称号としては有効なものです。医療事務に携わっていくのであれば、この称号を持っておいて損はないでしょう。

大きく違う?歯科医療事務管理士と医療事務管理士の仕事の違い

内科や外科、小児科など医療と一口にいっても細かく分かれています。それぞれの病院で対応する患者の年齢層はバラバラですし、病気の内容によっては、レセプトの作り方や患者への対応も変わってきます。医療事務も一口で言ってしまうと大病院と言われる総合病院や大学病院から、小さな個人経営の病院や診療所があるでしょう。そんな中で患者のニーズは内科や外科、小児科だけに向けられるわけではありません。

病院というと、眼科や耳鼻科、そして歯科も立派な病院というくくりに入ります。そして、それぞれに医療事務に携わっている方がいます。そして医療事務に関してある程度知識を持っている方は、医療事務管理士という資格を、様々な試験を合格して取得することができるのですが、歯科を例に取ってみると、同じような資格が存在します。それが「歯科医療事務管理士」です。歯科医療事務管理士の資格は全国各地で歯科医院の医療事務に関わるとなると、非常に有力な資格です。

主に行う医療事務の仕事としては、来院した患者の受付や細かい診察などにかかった診療報酬明細の書き方、そしてカルテ管理といったものがあります。こうしてみると、歯科以外の病院で頑張っている医療事務の方で、医療事務管理士を持っている方とあまり変わらないのではないかという方もいらっしゃるかと思います。

歯科医療事務管理士と医療事務管理士は何が違うか、それは診療科目に特化しているかどうかです。歯科医療事務管理士となると、歯科のみで医療事務のスキルがあることを証明しています。医療事務管理士は内科や外科など様々な診療科目に対応しています。言い換えるならば、自動車免許がオートマ限定かそうでないかということになるでしょう。いずれにしても、資格取得に向けた試験を受け合格しないと、管理士にはなれません。

専門的な知識をもつ仕事?医療事務管理士とはこんな仕事

医療関連は様々な協会があります。関連して、専門知識や実力を持っている方に対して資格試験制度を設けて、スキルアップを目指すように指導しています。医療関連ではとりわけ命を取り扱っていくわけですから、事務関連ではレセプト作成方法などでは失敗が許されないです。そして近年保険料率の値上げが止まりません。医療費の計算も明確にしておき、患者やその家族に対して説明できる力も持っていなければ、病院自体の信頼に関わってきてしまいます。

医療事務についてもう少し仕事内容を掘り下げてみましょう。医療事務業務は、病院や診療所といった医療機関内での患者に対する受付けや、患者の診察や処方箋などでかかる治療費の計算、診療報酬明細書の作成や、各患者のカルテ管理などがあります。いずれもミスは許されない業務というのを改めて感じます。そこで、近年めくるめく変わっていく医療保険制度や、患者等では計算方法が難しい診療報酬の仕組みを十分に理解し、正確な情報を提供しながら診療報酬を算定できる医療事務スタッフを、事務面からサポートする専門家として証明するために、平成17年10月にとある資格を設置しました。それが、「医療事務管理士」です。

医療事務管理士は特許庁より商標登録が認められています。これにより、名実ともに認知された資格となっています。この資格を持っていれば、全国の医療機関でお呼びがかかることも多くなるでしょう。安定性の証明ともなりますし、就職や転職、再就職にも役立ちます。ライフスタイルに合った仕事もすることができるでしょう。そして何より、患者がアドバイスを受けて満足感を得られたり、病気への不安を少しでも消すことができるでしょう。

では、どうすれば医療事務管理士になれるのでしょうか。試験は学科と実技の2つに分かれています。学科は医療の基礎知識や保険請求に関する問題が出題されます。十分に勉強しておきましょう。そして、実技ではレセプト点検や作成を問われます。これには、実務で確実なレセプトをより多く書き、慣れていくというのが合格への近道となるでしょう。自分自身が医療事務のプロフェッショナルとなるためにも、この医療事務管理士は外せない資格になっているかと思います。

こんな動機で転職する?医療事務へ転職するきっかけと失敗する理由

転職するポイントはどこにあるでしょうか。同じ職場に何年も務めているとマンネリ化してしまったり、給料が少ないまま時だけが過ぎていったりと理由は様々です。医療関係の仕事も病院によって環境が厳しくなるところがあります。しかしながら、理由は様々でしょう。例えば、「今の仕事は自分がやりたい仕事ではない 」、「人間関係が嫌だ」、「将来的に今の職場だと不安がある 」などあるかと思います。しかし、共通することが一つあります。それは「現状を変える」ということです。

医療事務に転職したいと考えている人はどのような人なのでしょうか。転職する転機として生まれるきっかけで一番多いのが、医療にかかわる仕事に就きたいということです。患者のために働いてみたいが、自分自身転職するにあたって専門的な資格が持てないので、この業務にしようと決める方が多いようです。次に多いのが、自分のライフスタイルに合わせて働きたいという方です。とりわけ女性は人生の転機となる場面が、仕事に就いてから多いです。例えば結婚や出産、育児といったものが該当します。医療関係で仕事をしたいという方には、これらの悩みに対応しやすいのが医療事務という職業なのです。そして、最近多くなってきた「自分の力で生きる」ために、資格を取るために転職をするパターンです。資格を取っていれば「イザ」という時に、仕事探しの幅が広がります。

しかし、衝動的に転職を考えるのはいかがなものでしょうか。転職することを決めた際に一度立ち止まって考えてみてください。動機が「やりたい仕事ではない」という方は、本当にしたい仕事とは何なのでしょうか。医療関係で長年務めた方はとりわけ考えないといけません。勤務する診療科によって、作業内容も異なりますが、小児科以外では患者が成人以上の方が多いのではないでしょうか。そうなると、コミュニケーションを取りながら、アドバイスをもらいつつ考え直してみてもいいかと思います。また、「人間関係が嫌だ」とか、「給料が少ない」と言っている方は、どの職場でもあり得る問題です。人間関係は必ず良好なまま続くものではないと考えてしまった方がいいかもしれませんし、見合った給料がもらえるとは限らないという、不況の世の中を知らされているのです。そして、「将来的に今の職場だと不安」という方は、不安な部分をもう少し具現化して本当に転職すべきか決めましょう。

目的なく衝動的に退職を志願し、転職活動を進めるのは、ハッキリ言ってリスクしかありません。目的を明確にして転職活動を行いましょう。対峙する面接官などの採用者はその点をしっかりと見抜いてきます。厳しいことになると覚悟の上で転職活動を行ってください。

使える資格試験はどれか?医療事務で使える難しめの資格試験

実務に当たるには、様々な資格が必要な職業がたくさんあります。自動車の運転免許のようにあたりまえに持っていなければ、仕事に就けない資格や、給与や職場のレベルを上げるために取得する上位資格など様々な資格試験があります。取得するには費用や勉強する時間が必要となりますが、達成しなければ次のステップへ進むことができませんので、取得を支援する企業も多く存在しています。

では医療業界ではどうでしょうか。医薬品を多く取り扱う訳ですから、最低限の知識や技術を証明するための資格はやはり必要です。医師免許や薬に関する資格と様々ですが、医療事務ではどうでしょうか。受付や事務関係を主に取り扱っている医療事務には資格は無いんじゃないかと思われるかと思いますが、医療事務を行うに当たって人気もあり、最低限必要な資格試験と思われているものがあります。それは、医療保険事務協会の診療報酬請求事務能力認定試験です。

この試験は年2回開催されます。この試験を受けた方の合格率は、毎回30%前後となっていますので、難易度は非常に高い試験になっています。診療報酬請求事務能力認定試験は、知識と技術両方問われる試験があります。それゆえに、合格率が低いこともあり、持っていれば就職などに非常に有利な資格です。

試験は2つあり、学科試験と実技試験で行われます。学科試験では選択方式の筆記試験を受験します。実技試験は実際に条件に合ったレセプトを作成するものです。この試験は、実際に現場で医療事務として働いている人も、合格するのはなかなか難しいといわれてますので、合格を目指す方はそれなりの勉強や努力が必要です。合格するには、とにかく問題の傾向をまずは掴みましょう。傾向がありますので過去問は必ず何度も解いておきましょう。受験するには、日本医療保険事務協会に申込を行ったり、医療事務の専門学校等、団体単位で申し込む場合は学校単位でまとめて応募できます。

資格はやはり難しいものなのか?医療事務に活かせる資格と難易度

医療事務を業務として行うにあたり、様々な資格を持っておけば実務で活躍できますし、給与も大きく変わってきます。しかし、様々な資格が存在しています。どの資格が就職などに活かせるのか分からない方も多いでしょう。まずは資格の価値について調べる必要が出てきてしまいます。難易度もそれぞれ違いますので、十分に調べておきましょう。

医療事務の資格は全部で10種類あります。その中でも難易度の高い3つの資格を紹介していきます。

難易度順に見ていくと、まず一番難しいのが「診療報酬請求事務能力認定試験」です。専門学校でも学べるところが多く、日本医療事務協会やヒューマンアカデミーなどで受験対策を受けることができます。この試験は財団法人日本医療保険事務協会が主催しています。主には、レセプト作成に特化した試験内容となっています。医療関係の合格率は、約3割です。就職後にこの資格をよりレベルアップするために取得する方も多いです。

次に難しい資格として、医療事務実務能力認定試験があります。全国医療福祉教育協会というところが実施している試験です。主にはレセプト作成技能を問われたり、医療関連法規に関する知識に関する問題が出題されます。しかしながら、出題の中心は診療報酬算定、請求に関する問題です。技能を証明する資格として活躍するでしょう。合格率は毎回約500~800人程度が受験しているようです。合格率は約55%です。

そして3つ目は、医療情報実務能力検定試験です。在宅で受けられる試験で、受験対策をしてくれる講座はヒューマンアカデミーやTERADA医療福祉カレッジなどにあります。合格者には「医療事務実務士(R)」の称号が与えられます。この試験は、実務で必要なスキルとなる、無駄な診療報酬請求を省く作業や知識を試させたり、請求漏れ防止に関するテクニック、そして実務能力のレベルを計る事を目的としている試験です。1級と2級に分かれており、合格率は各級ともに5割以上です。

資格試験は計画的にスケジュールを組んで取得を目指しましょう。そして実務にも生かせる資格が多いので、ぜひ就職前に一つは取ってみてはいかがでしょうか。

<1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 >