医療事務

専門学校で知識や技術を学びたい人へ!医療事務の専門学校で学ぶこと

医療に関する学校選びも色々な資料を使って選んでいるかと思います。学校に資料を請求したり、インターネットで色々な情報をしっかりと確認しながら、学校への入学に向けて動いていくでしょう。医療に対する専門学校は全国に多く存在しています。自らの進路に合わせて、しっかりと選んでいきましょう。

医療事務に関する専門学校は、通っていくことによって実務に関する講義や資格取得の支援を十分にしていただけることです。医療に関する基礎知識だけでなく、レシプト作成などで必要なパソコンのスキルなど、業務に対して多様なスキルが身につけることができます。これにより、医療事務を諦めても、医療事務機関に限らず、一般企業に就職することも可能になってきます。

そして実習も充実しています。専門学校では、様々な学科がありますが、どこでも実習カリキュラムが組まれています。実習という貴重な経験により、自分のレベルを知ることができるでしょう。そして、就職時の具体的な希望職種を明確にしていくことができます。

選んでいくにあたって、まずやっていかなければならないことは、資料請求です。専門学校は本当に全国各地に存在しています。「通いたい専門学校は自宅から近いのか?そして、毎日通えることができるのか?」、「専門学校に通うにあたって、かかってしまう費用はどのくらいかかってしまうのか?」、悩みを解消していくために、まずは様々な専門学校から、無料の資料請求をたくさんしてみてみましょう。これには理由があり、専門学校選びの一番のネックはこれらの比較に労力を要することです。無料請求ができるパンフレットをたくさん取り寄せていき、かかる学費や、その専門学校を卒業した生徒たちの就職状況、そして学校の立地などを、自分なりにできる限り比較していくようにしましょう。

次に専門学校に入って医療事務の資格をとりたいという方のポイントですが、とにかくかかる費用をしっかりと比較しましょう。これがデメリットとなりますので、資格取得については、短期間で取得できるプランもあります。費用も多くかかってしまうところもあります。テキスト代など学習に使う諸費用も考えていきましょう。

派遣業務は大変か?医療事務派遣業務の労働環境について

各企業で派遣業務というのが一般的になってきました。派遣元が各病院から依頼を貰って、時給制で医療事務の業務を行っていくというのは、近年増加しています。正社員よりも待遇は正直言って悪いです。派遣ともなると、正社員と違って、自ら辞職を志願することもなく、契約期間が終わってしまえばそこで終わりというシステムです。

派遣として医療事務を行っていくというのは、どれほど難しいものなのでしょうか。派遣について、現在の医療事務の雇用体系は外部委託が多いです。当然、契約金額も決まってくるという訳ですが、安い契約金で労働に関する契約を結んでいくわけですから、それなりの給与体系もできてきてしまいます。一般的に派遣社員の給料は時給です。派遣で医療事務を行っている方の平均時給は1,000~1,300円くらいです。給与体系は、どうしてもスキルや経験により異なってきます。医療事務に関する給与の調査を行った際に出た調査結果は、月収と年収についてですが、未経験者はかなり安いです。実務経験ありの方は、平均的に約23万円と高額な給料を得ることはできると思います。

一度医療事務に関する派遣会社へ登録すると、自分の希望に合った働く場所を紹介してもらえます。これによって、就職活動が非常に効率的に進めることができるでしょう。自らの希望する勤務場所から勤務時間や期間も選ぶことができたり、医療機関が忙しい時間の午前中だけ、レセプト業務の繁忙期だけ、といった短時間勤務も可能です。こうやってみると、自由度は高いでしょう。しかし、派遣の待遇は厳しいものがあります。

医療事務派遣求人を見てみましょう。例えば、レセプト以外の受付事務全般を請け負う時は、実務経験2年以上積んだ人が対象です。時給は1200円程度となります。また、受付事務全般を請け負った場合は資格保持者が対象で、期間は3か月間と短期で時給は1300円程度です。長期だと、レセプト実務経験者が対象となるのが、レセプト入力などのカルテ管理業務で、時給は1500円程度です。スキルは医療事務に関する業務だけでなく、パソコンのスキルも必要です。契約期間は長期です。

それは、業務に必要な交通費などの諸費用のサポートが無かったり、契約が更新されなければ仕事は即終了となってしまいます。派遣が本当に自分が望む雇用形態なのか、しっかりと見定める必要があるということだけは忘れずに選んでいきましょう。

通信などで学べる?医療事務講座とはどのようなものか

医療事務を仕事として今後の人生に活かしていきたいという方は、まず学校に通ったり関連する資格を取ったりする必要があります。医療に関する専門知識を持つためにしっかりと勉強していかなければ、まず面接などで病院側に実力を見抜かれてしまいます。学校で医療に関する知識をつけることはもちろんですが、通信講座で医療事務を学ぶことができます。結婚後や出産後も医療事務の仕事をしたいという方がよく使っています。

医療事務講座で有名なのが、およそ40年の歴史を誇ることで有名な、ニチイ医療事務講座です。厚生労働省で認可したテキストを使ってじっくりと勉強することができます。医療事務を教える講師陣は、医療事務を知り尽くしたエキスパートばかりです。講座の内容については、折り紙つきともいえるでしょう。どうやって勉強を行っていくかというと、通学したり通信講座を行うこともできれば、インターネットを使った「Webカレッジ」も提供していますので、いつでもどこでも講座を受けることができます。

通学となると、スクールはどこにあるか分からないかと思います。教室はインターネットで検索することができますので、まずは確認してみましょう。医療など様々なカリキュラムを組んでおり、年間7,000クラスを開講しています。通学コースは3ヶ月間提供されています。通信教育は半年間、自分のペースで学ぶことができるでしょう。疑問は電話やメール、FAXなどで対応してくれます。医療事務の資格である、医療事務技能審査試験に完全対応していますので、半年間でしっかりと力をつけて試験に臨みましょう。

そして、Webカレッジ通学や通信のいいところを取っています。主には医療事務業務の基本を学びます。点数算定とレセプト点検の技能を中心にマスターしたり、医療に関する基礎知識をカテゴリーに分けて少しずつ学んでいきます。最終的には通信教育と同様に医療事務技能審査試験に合格することを目指します。

それぞれの講座でサポート体制も充実しています。どうしても講座を急用や急病で受けることができないという方には、電話1本で振り替え受講ができますし、フォロー体制もしっかりと整えています。このようなしっかりとした体制が取れているニチイの医療事務口座を受講した生徒は実に60万人を超えています。受講料もクレジット決済や割引制度もありますので、一度問い合わせてみるのもいいでしょう。

今回はニチイを取り上げましたが、医療事務講座も様々あります。学びやすい講座を選んで、医療事務の資格取得や就職に活かせるようにしていきましょう。

日本医療事務協会を利用して結婚や出産しても医療事務に就く方法

女性が仕事をしていく上で悩んでしまう人生の分岐点があります。それは結婚や出産です。寿退社という言葉がありますが、結婚を機に職場を離れて家庭に入るというのが今まで様々な業界、企業では一般的でした。しかし、景気は悪くなってきました。結婚した相手の給料も家庭を支えていくには微妙な金額であったり、急なリストラに遭ってもおかしくない状況にあるかもしれません。また、出産後の育児休暇などで職場を離れざるをえない方もいるかと思います。職場から離れてしまうとなかなか、復職しても仕事になれるまで大変かもしれません。

結婚・出産後も医療事務の仕事をしたい、プライベートも大事にできる医療事務に就きたいという方の支援を行っているのが、日本医療事務協会です。厚生労働省や文部科学省も認めている協会で、これまで資格試験や就職に関する支援を受けている受講者は12万人を超えています。全国各地にスクールを設置しており、医療事務に関する資格取得は最短1ヶ月で取得できる講座も設けています。

就職サポートについても、資格取得後納得のいくサポートを提供していることで有名です。全部で3つの就職サポートがあり、まずは正社員求人が豊富にある「求人情報検索サイト」では、パソコンや携帯電話からアクセスすることができます。求人は直接雇用してくれる正社員やパートだけでなく、就職支援部が紹介する派遣についてもあります。業務未経験の方も探せることができます。

次に、就職や復職など医療事務に就く際に不安なことや疑問点を一気に解消できる「お仕事相談会」があります。大学病院や総合病院といったいわゆる大病院から、診療所やクリニックといった小規模の病院まで様々あります。近年は就業形態も多様化しています。そこで、基本となる業務形態の説明から医療に関する基礎知識、病院での業務についてを学んだ後に体験談を聞いていくことになります。また、就職後もフォロー体制はしっかりと取ってくれますので、安心して医療事務の業務に就くことができるでしょう。

そして、「事務局での求人票閲覧」です。インターネットを使いこなせない人や、パソコン自体を持っていないという方に対応しています。主にシニア層に人気を博しているサポートです。また、就職について相談することもできますので、就職情報を手に入れたり、悩みの解消も行うことができます。

日本医療事務協会の講座などを受けるために、実際にガイドブックや資料請求を行って見学に行くこともできます。また、パソコンのホームページや、携帯電話やスマートフォンで見れるブログなどを見ることができますので、医療事務に再度就きたいという方はぜひ受講してみてください。

きっかけは様々ある!医療事務になろうと思った志望動機

医療事務という職業は、人気のあるところでは応募も集中します。履歴書を書くところから職業柄、書類の書き方は重要視されるポイントとなります。とりわけ各職業で注目されるポイントは志望動機です。ここをしっかりと採用する側に伝えていくことが最初の難関となります。

志望動機は、人それぞれあるかと思います。医療関係の学校を卒業してきたので、医療関係の仕事に就きたいと考えた時に医療事務になりたいとか、身内の病気をきっかけに医療関係の仕事をしたいと考えた時に、医療事務があったなど色々な志望動機があります。自分の希望する職場に採用されるように細心の注意をはかって書いているかと思います。

志望動機のポイントとしては、採用側がよく見るのが履歴書の文面から、自分が医療事務として仕事をしていく中で、患者がいかに喜んでいる姿を想像できるようなものが一番好まれるようです。例えば過去に患者に対して、親身になって介護を行って表彰された経験があるとか、採用されることになったら皆から好かれるような医療事務員になりたい、ここの病院に以前来た時に、医療事務が充実していたので働いてみたいなど患者目線で志望動機を書いてみると、採用側に伝わることも多くなるでしょう。

志望動機に合わせていきたいのが、自分自身のセールスポイントです。誰にも負けないと思うことや自分の特技などをしっかりと書いておきましょう。志望動機と重なってくると、より強みが出てくるでしょう。そのうえで、就職後のアピールを採用側に面接などで伝えられれば完璧になるかと思います。

志望動機だけでなく、履歴書の作成は難しく考えることはありません。志望動機を中心に、一番大切なのは「気持ちを伝える」ということです。そこを忘れずに作成すれば、履歴書の審査は通るでしょう。そして、面接に行きますが、ここでも志望動機は聞かれます。とりわけよく聞かれる質問が、「なぜ医療事務員になりたいと思ったのか?」、「数多くある医療機関の中から、当院を選んだ理由はどこなのか?」とより細かい動機を聞かれます。ここでは自己アピールを兼ねて、誠実に伝えましょう。働きたい職場で医療事務をやっていくための第一歩となります。志望動機はしっかりと持って、就職や転職に活かしていきましょう。

やっぱり儲かる仕事?医療事務でもらえる給料の実状

医療関係の給料というと、皆さんはどのように思われるのでしょうか。高給取りといわれている職種では医者が挙げられますが、医療関連というと、給料はいいのではないかと思うのではないでしょうか。実際のところ、医療関係も他の企業と同じような雇用体制が取られており、正社員やパート、派遣があります。働くスタイルが変わることによって、それぞれ給与体制が大きく変わってきます。それは看護師だけでなく、医療事務でも同じことがいえます。

医療事務の正社員となると、やはり病院で働いているのだから儲かっているのではないかと思われるかと思います。しかし給料の平均相場をみると、少し安めな印象があります。給料が安定しているといわれている正社員の、初任給を見てみると高校卒業者で15万円くらい、大学卒業者で19万円程度となっています。こうしてみると、一般企業の事務職とほぼ同じ水準となっています。3年勤務で平均でもらえる年収も約300万円程度となっています。

各地方の平均でみると、やはり関東甲信越地方の病院に勤めている医療事務の方が多くもらっています。全日本病院協会がネット調査を行ったところ、約390万円という結果になりました。最ももらっていないのが中国・四国・九州地方の医療事務の方で平均すると約320万円という結果になっています。しかし、医療事務の労働環境によりますので、給与体系も個々で変わってきます。

パートや派遣の給与体系を見てみますと、医療事務は近年アウトソーシング化していていますので、派遣が働ける環境ができています。時給制を取っているところが多く、平均すると850円から1000円からスタートし、実務経験があると1300円くらいまで上げてくれる病院もあります。経験や資格を持っていると、正社員に近い年収までもらえることもありますが、派遣は契約関係や交通費などの諸費用の工面が必要になったり、パートでは賞与、有給休暇はないことだけでなく、人員削減のターゲットとなりやすいです。

生活スタイルに合わせて、医療事務に就くには雇用体制をしっかりと確認しておきましょう。そして、どのような体制が自分に合うのか、見定めて応募していきましょう。

歴史ある日本医療事務センターで医療事務を学び就職する方法

医療事務の仕事に就きたいと考えている人が相談するところはどのようなところでしょうか。色々探してみると、株式会社日本医療事務センターという組織を見つけることができると思います。ここで医療事務等様々な医療関連の仕事を紹介しています。

株式会社日本医療事務センターは、日本初の医療事務専門職養成機関として1965年に開設されました。医療や福祉、教育関連の事業だけでなく、就業コーディネートのサポートも行っております。採用情報や介護事業所の新設情報もこちらで確認することができます。医療関連事業は日本で初めての医療事務の専門機関ということで、ノウハウは非常にクオリティが高いです。医療事務でいえば、受付や会計、レセプト業務だけでなく、外来・入院算定入力や宿日直業務といった業務を提供しています。医療関連の業務を取り扱っている事務所は、東京都千代田区神田にあります。興味ある方は一度行ってみてもいいかもしれません。

そして、教育面でも様々な医療関連の勉強方法を提供してくれます。ニック教育講座というもので、日本医療事務センターが運営する教育商品の総称をさします。非常に信頼があり、分かりやすく知識や技術を学べると評判です。医療事務講座やホームヘルパー2級養成講座など、医療や福祉をメインに様々な講座を開設しています。通うことで資格試験の合格を目指すことはもちろんのこと、現場ですぐに活かせる技術や知識を学んでいきます。

また、就職や転職においてもサポートしています。インターネットでも日本医療事務センターとグループ会社が運営する求人情報サイト「ニックジョブ」では、会員になることで様々な就職や転職に関する情報や申し込みをすることができますので、職探しをされる方はこちらをご参考ください。

ここで注意していただきたいことがあります。実は株式会社日本医療事務センターは10月1日から社名変更されます。10月以降は、その社名で検索してサイトを利用してください。新社名は「株式会社ソラスト」です。医療以外にも、介護や家事代行、保育等様々なサービスがすべてこのソラストに統一されます。

様々ある医療事務の仕事で最も有効な資格はどれなのか

医療事務をやってみたいとお考えの方は、就職や転職に活かそうと色々な資格を探して、取得しようと勉強していくのではないでしょうか。しかし、「医療事務に関連する資格を取りたいけど、何からはじめればいいのかわからない。」、「医療事務の資格にちょっと興味があるが、何をしたら良いのか分からない。」、「医療事務関連資格に独学で合格したいのだが、効果的な勉強法は無いか」など分からないことだらけです。

資格に関する学習方法は、様々ありますが専門学校や通信教育で勉強している方は理解するまで、勉強していけば資格取得には困らないでしょう。高い学費を払っているだけに、やはり講座内容も細かく、順序立てて行って行けるのがこれらの強みです。継続さえできれば、これだけで十分でしょう。

しかし、これから勉強をはじめる方はどうやって勉強していけばいいでしょうか。参考書を色々見てみると、他の試験でもそうですが、試験と言われているものには、その試験に関する傾向と対策が存在しています。そんな中で、レベルとしては少し難しめの資格ですが、医療事務の資格として人気のある資格で「医療事務技能審査試験」です。これは医療事務職としての総合的な能力の証明する資格として人気があり、資格を取得すると厚生労働省の認めている資格「メディカルクラーク」を取得したことになります。

主には医療事務なのですが、他にも患者接遇も要求されます。これは病院の受付や会計を行うことです。そして何より、院内コミュニケーション能力も問われます。これらをしっかり押さえていけば、メディカルクラークを手にすることもできるでしょう。

資格を持っていることで就職や転職に効果があるかというと、現在病院や医療機関なども、メディカルクラークの求人はそこそこ安定して件数があるようです。このメディカルクラークの資格を持っていれば、就職に有利になると言えるのではないでしょうか。

下調べは必要か?医療事務求人情報をみる時に気をつけるところ

医療関係の仕事を探している方はどのくらいいらっしゃるでしょうか。看護師やケアマネージャなど様々な職種があり、自分のやりたい業務が見つかっていればいいのですが、実際仕事をしてみてきつくて辞めるということにならないようにしましょう。その第一歩として求人誌やインターネットなどで求人情報を見るかと思いますが、ここでは医療事務の仕事を探すためにどのような点を注意して、求人情報を見ていけばいいかまとめてみます。

まず、医療事務というと、女性の方が多いという印象を受けるのではないでしょうか。実際読者層が女性の求人誌などで、「医療事務募集」という記事を目にするかと思います。ここでまず医療事務をしていく上で気になるのは、「最低限の知識や技術があるか」だと思います。他の医療関係の職種の募集要項などを見ると、医療に関する資格を必要としているものも多いので、医療事務も必要なのではないかと思われるかと思います。しかし、医療事務として勤務する際に特別な資格はありません。誰でも応募ができるところが多く、誰でも病院で働くことができるのです。

高齢化社会によって、医療関連の募集も増えてきています。医療事務もこの中の一つで、ニーズはあります。医師や看護師なども、多忙な時はとにかく暇が無いでしょう。そんな中で、医療事務はどのような仕事を受け持つかです。医療事務の求人を見ると、「入院担当」とか「受付業務」といったものが多いかと思います。受付業務はなんとなくイメージがつくかと思いますが、実際に受付ばかりをやるという訳ではありません。具体的な業務はレセプトと呼ばれ、医療保険への請求書となる「診療報酬明細書」という書類を作成することが医療事務のメイン業務となります。

近年、様々な業種でネットワークが発達し、診察時のカルテも電子化され管理されています。そこで業務として電子カルテなどのデータ入力をする人たちを必要としてきています。そこで各病院や診療所が医療事務を募集しているというのが、募集背景にあります。ただ、単にデータ入力をしていくというだけではありません。難しい病気に効果のある薬品や病状などをしっかり把握して入力していくにはコミュニケーションも大事です。

医療事務は受付メインと考えている方は、改めて募集要項を見直してみましょう。そして、労働環境が合いそうな現場をしっかりと見つけていきましょう。環境は病院によって様々ですのでしっかりと見極めましょう。

受け付けには美人以外駄目?医療事務の面接で通るのは美人のみなの?

医療事務の資格取得に向けて勉強している、そんな時期にもなると、普段は目につかないことが気になるものですよね?病院の中のこと、気になりませんか?資格取得をしたら、当然あなたは病院で働くのですから、それは当たり前のことです。医療事務のお仕事と言うと、小さな病院から大きな病院まで、そのほとんどが一緒です。一番身近に感じるのは、受付の案内をされている時でしょうか?だれしもが初めて出会う医療事務の方と言えば、病院の受付としての彼らでしょう。ですからこうした受付も医療事務なのだなと、勉強し始めてしみじみ感じるかもしれませんね。

ですがその受付、ちょっと疑問に思いませんか?「なんだか、どこの病院に行っても、美人だけが受付にいるような気がするんだけど……」と。大きな病院から小さな病院まで、どうしてか分からないけれど美人ばかりが受付に選ばれている。これは、何故なのでしょうか?もしかしたら医療事務というものは、美人以外なれない職なのでしょうか?
(⇒髪の毛まっ黒がベスト?医療事務は清楚じゃなきゃ駄目?

そもそも病院の受付事務の方は、皆言葉遣いが丁寧で、綺麗な日本語を話していますね。そして患者さんへの対応も親切で丁寧です。そして更には仕事が確実な方が受付事務として仕事をしています。

実際に受付を担当する医療事務の方を、病院側がどういった形で採用しているか、それは病院の人事を担当している方しか知り得ません。けれど、病院の顔とも言える受付窓口に、下手な人間はおけないのです。ですから、美人、というよりもきちんとした方を置くのは当然のことであり、最低必要条件は仕事がきちんと出来ること。ですから面接を受けにくる方がたの中で、もっとも仕事が出来る方を選ぶ中で、優劣をつける際、同じくらいの仕事の熟練度であるならば、より容姿が優れているなど、必要条件を皆見たしていた場合は別の場所から更に優れているものを見出すということでしょうね。

ですから美人だから、美人しかおかない、ではなくて、病院側では必要条件を満たし、なおかつ他の方よりも更に優れている部分が突出している方を選んでいるのです。ですが決して美人だから選ばれたと言うわけでは無い方もいるはずです。それこそ人の印象は一番最初に決まるといいます。身ぎれいにしてハキハキとしゃべり、日本語を聞いていても気持ちがよく、話していてすがすがしい気持ちにさせてくれる方。そんな方がもっとも選ばれています。面接を受けると言う方、採用条件に書かれていないでしょうが、日本語は美しく、これを心がけるだけでも随分と違うはずですよ。

<1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 >