医療事務

噂話好きな同僚達、医療事務として入りはしたが馴染めず…どうすれば

医療事務に念願の就職が叶い、嬉しくて嬉しくて……それは最初のうちでした。そう語る方は子供の手が離れたため就職口を探してようやく見つけられたと言います。ですがあまり嬉しそうでは無いため話しを聞いてみたところ、「医療現場って、人の噂話しかしないんです。それもそんなこと言うの?ってくらい、悪口ばかり。だからストレスで……」もとからこの方、人の悪口などを言う方ではないため、どうしても人の噂話に馴染めずと言った様子。確かに人様の悪口ばかり聞いていると、胸がなんだか重くなってきて、嫌だなと思いますよね。これ、どうにかならないのでしょうか?そんなにも医療現場では人の悪口しか言わないものなのでしょうか?

確かに医療現場は噂話が酷いと言います。薬局であれ、病院であれ、どこもそのような感じの様子。人間ですから悪口は言うと分かっていても、その内容を聞くと確かに「えげつない」の一言。何故なのか疑問ですね。

公的なお仕事をされている方はどうしても狭い世界に閉じこもって仕事をしなければならないため、話題と言えば身近な人々の話しが多くなってしまうのだそうです。だから身近な人達の話しを、いつの間にか全員が知っている、そんな異様な空間が出来上がってしまうのだとか。そこに人間としてどうかと思う、そんな話しをよく話していれば必ず患者さんの耳にも入るのです。ですから矢張り、医師でも看護師でも医療事務でも、患者さんに嫌われている方は、得てしておかしな話ばかりする方であったりします。

医療現場となると、人の生死を握る現場でもあります。そのため他の公的な仕事よりもストレスは大きく、精神的におかしくなりやすい、とも言います。人の死というものがあまりにも日常になってしまっているため、一般人との感覚がずれてしまっているということ、これによる弊害とも言えるでしょう。だからこそえげつない話しも、感覚がずれてしまったことで普通だと感じる様になってしまっているのかもしれません。

噂話を聞くのが嫌ならば、あまり話しに乗らず、仕事以外では会わず、これを貫くしかないのではないでしょうか?職場に馴染む努力も必要かもしれませんが、水があわないということは誰しもあります。感覚のずれというものは埋めようがありません。ならば致し方ないと割り切ることも重要ですよ。

そしてこれが肝心なことですが、全ての医療関係者はこのように感覚がずれているとは限りません。ただし、人の痛みなどに鈍いということは、医療関係者全てに言えることですね。毎日痛い痛いと言っている人が押し寄せてくるわけですからそれは仕方ありませんが。
(⇒いじめが多い職場って本当なの?

医療事務の彼女にメールで忙しくてムリ!これって浮気?違います!

医療事務の仕事をしている彼女がいる方が、彼女が浮気をしているのではないかと思うとぼやいていたことがありました。浮気、穏やかならぬ言葉ですが、何故そのように思うのか尋ねてみたところ呆気に取られてしまいました。「しょっちゅう忙しいって言うんですよね」それも、ある一定の時期だけなんだとか。だからその時期はたぶん浮気相手と会っているんじゃないか、そういうことのようです。こちらの彼氏は知らなかったようですが、医療事務の仕事って、物凄く忙しいんです。

先月も今月も、遊ぼう?飲みに行こうよ!そんなメールを送ったものの、彼女からは「10日くらいまでは忙しいの、本当にごめんね」お断りのメールでした。また浮気なのかと悩む毎日が10日まで訪れるわけなのですが、実はこの10日くらいまで、というのは理由があるのです。

毎月、月末の締めから翌月の10日くらいまでは大変忙しいです。その期間は病院や診療所の請求業務があるのです。つまり、レセプト期間になります。それは全国どこへいっても同じ。ですからその時期にメールをすれば忙しいのは仕方ありません。その病院により規模が違うのでなんとも言えませんが、大きな病院であれば深夜まで毎日残業があり、大変なのです。更には法改定のあった年では点数もまた違ってきますので、このレセプト業務は四苦八苦でしょう。メールを送って来られても予定など立てることが出来ないのですから困るというもの。

彼氏にも困ったものですが浮気を疑っているものですから、メールでせかす様に連絡を入れては「駄目なの?」とやられれば、彼女だってそのうち参ってしまいます。散々忙しい時期で疲れきっているところ、彼氏から再三の都合がつかないのかというメールでは、精神的にも……というものでしょう。

医療事務の仕事のもっとも忙しい季節は3月から4月にかけてとも言われています。その時期と月末から10日くらいまでは忙しい。このことを念頭に入れてデートに誘うというのはどうでしょうか?浮気を疑うのではなく、どんな仕事をしているのか、たまには彼氏が愚痴を聞いてあげてもいいのではないですか?恐らくこの二人に足りていないのは、話しをする時間です。お互いに話しをしないといけないことが出てきたと思いますよ。まずは月半ばになったら、彼女をデートに誘って、そこで話しをしてみましょう。穏やかに、ゆっくりと話しをしてみてくださいね。

病棟クラークと医療事務の違いってなに?違いが詳しく知りたい!

医療事務について調べていくと、病棟クラークと医療事務の違いが分からなくなってしまった。こんなことありませんでしたか?そもそも病棟クラークとは何なのか。そして資格は何を取ればいいのか。そして就職してからのことなどなど、どういった違いがあるのでしょうか?

病棟クラークはメディカルクラークとも言うのですが、資格はメディカルクラーク(医療事務技能審査試験)となっています。資格と言うよりも認定試験に近いかもしれません。中規模以上の入院患者を抱えている病院内に病棟クラークは存在しています。そして外来クラークとは別に病棟のナースステーション内にて事務処理を行っています。具体的な仕事内容はというと、電話受付応対、カルテ管理整理、検査データ処理、フィルム管理、診断書などの文書類の授受確認、入院案内、患者家族の対応、医師看護師へのサポートなどです。

医療事務は医療課管轄の業務をこなすのですが、外来会計での金銭授受、レセプト入力チェック、保険証確認、診察券発行、入退院手続きの窓口、診断書や介護保険の手続き、これも医療事務の管轄であったりもします。つまりは外来患者さんの受付などを行ったりとする、一般的に我々が一番最初に応対をして貰うのは、医療事務の方となるわけですね。

つまりその差と申しますと、医療事務は外来、そして病棟クラークは入院患者を担当と考えるべきでしょう。ですからより密に患者さんと話しをするのは恐らく、病棟クラークだと言えますね。何故なら入院している患者の家族などが尋ねて来てはナースステーションによりますから。
(⇒歯科医療事務と医療事務の違いはなに?
(⇒調剤事務管理士と医療事務はどちらの資格を取れば有利?
(⇒医療事務と介護事務の需要はどちらが多いのか?

自分にあった講座を見つけるのが医療事務資格取得の近道ですよ!

あなたは医療事務の資格を取るべく勉強しているはずですが、その勉強法、あなたにきちんと「あっている」でしょうか?もしかしたら、それって、別の人にあった方法であって、あなたにはあっていないんじゃないの?独学ですか?それとも通学、通信?講座でしょうか?もしも講座ならば、あなたはあった講座を選ぶことが出来ましたか?これ、後で失敗したかもしれないじゃあ遅いのです。

実は医療事務の資格を取ることの出来る講座というのは存外多いのですが、どれもこれも似たり寄ったり。迷ってしまいますよね?違うのってお値段くらい?確かにその値段の幅も相当でしょう。2万から16万まで様々な講座のお値段を見て、あなたはどこを選ぶでしょうか?セレブな奥様ならば「高い方が言いに決まっているわよね」なんていうのでしょうか?ちょっと節約に励みたい奥様ならば「2万で十分でしょ」なんていうんでしょうね。でも、値段で講座は選ぶと駄目ですよ。

あなたにあったものを見つけるには、複数の資料を取り寄せてじっくりと講座の中身をチェックすること。試験に合格するためには、講座選びこそが重要になってくるからです。ですから、講座を選ぶのに時間をかけるべきなのですね。無料で資料を請求出来ますから、見比べてみて自分にあっているかいないかを判断する。たったこれだけの工程で見違えるほどにその後の勉強が楽になるのです。

そしてもしも通学を選んだあなた。これも同じく無料体験講座などもありますから、申し込みをしてチェックしてみましょう。スクールの様子や講座内容など、実際の通学はこんな感じなのかという、その空気感を触りだけでも確かめるだけでも相当変わってくるはず。何故なら通学であっても、学校が違えば雰囲気も違う、それどころか授業風景も全く違ってきます。試験までのスケジュール組みまで変わってきますので、自分がこれならやれると思ったところでないと途中で挫折してしまうのです。それを避けるために体験する、事前に中身を知っておくことは大変重要になってくるのです。

まずは通学、講座共に資料請求からどうぞ。自分がこれだと思ったところには体験講座があればそちらを。そして資料請求で分からなかった部分は問合せしてみてもいいですね。
(⇒講座の資料請求と共に読んで欲しい、おすすめ講座はこちら

資格取得が簡単イメージで医療事務は人気!でも踊らされているだけ?

テレビで主婦の資格取得について持て囃されているそうですが、その中でもとびきり驚いたのが、医療事務が今、人気ナンバーワンなのだそうですね。医療事務というと、素敵な仕事ですよね。医療現場できびきび働く姿が素敵なんて、皆考えていたはず。ですが常に覚えることが多くて大変そう。明るくてキビキビ動けないと辛いだろう。未経験じゃ駄目だろうし……などなど、学ぶ前から悩みは尽きません。なのに大人気のように言われているのを見て、驚いてしまいますよね。いったいどういうことなのでしょう?

資格取得のテレビを見たという方からこのような話しを聞くことが出来ました。「テレビを見て気になって資格取得に励んでみたけど、結局は踊らされていたってことよね」なんだか意味深です。詳しく話しを伺ってみました。

結局のところどういう職種かテレビでは報道を一切しません。医療事務というのは経験がなければ大変でとてもじゃありませんが働けない現場だということを、メディアは伝えない。だからこそ資格取得業者が資格があれば就職は楽!今は医療事務が大人気!安定した収入!などなどうたっていますが、結局それは業者に踊らされているだけで、実際には使えない資格を高額で取らされただけでした、とのこと。

経験がなければ経験を積めばいい。では経験をと求めていっても病院は受け入れてはくれない。更には派遣会社もそう多くは登録をさせてくれないため、派遣会社からも零れてしまう人達が多い――そう聞くとぞっとしますね。人気だからって資格を取得したら職にありつけるなんてこと、あるはずがありません。逆に人気というのは他の資格取得者全てがライバルと考えてもいいほどだということを、忘れてはいけないのでしょうね。
(⇒就職率ってどれくらい?
(⇒なんで医療事務なの?なりたい秘密

患者接遇の問題、模範解答はどれ!?医療事務なら知ってないと駄目!

医療事務の試験には、こんな問題もあります。「紹介状をいただいた○○です」予約を入れたいと新患から連絡が入りました。こちらの患者が曰く、紹介状がやたら気になるとのこと。「あけてもいいですよね?」こういう場合がよく分からなくて尋ねてきたのでしょうが、患者にはどのように答えればいいのか、そんな問題でした。さて質問です。この場合、なんと答えるべきなのでしょうか?

予約を取るのは通常の手続き通りにしていただくとして、紹介状そのものに関して言うならば、開封しないように伝えましょう。何故ならこちらは医師あてのもの。患者が開封してはいけないものなのです。ですからこちらは予約の際に患者自らの手で担当医師に手渡すもしくは医療事務が未開封のそれを受け取り、医師に先にカルテと一緒に手渡すのが正解です。

こういったものは接遇と言われる問題になります。医療事務でこれこそがレセプトよりも難しく苦手と言う人が多いものです。何故なら患者は現在、リアルタイムで要求してきます。これをどのように対処するか、出来るか、これこそが接遇になるからです。

それこそレセプトなんてものは放っておいて寝かせておくような気持ちでも居られるものですが、接遇は相手がいるので待ってくれません。先輩医療事務の接遇を見つつ現場に配属されてからは学ぶべきですが、その前の段階と言う場合、まずは接遇の専門テキストがありますので、そちらを読破することから始められてはいかがでしょうか?読みこむだけでも全くの苦手ではなくなると思いますよ。
(⇒患者対応ならこれがいちばん!

医療事務掲示板にずらり並ぶ「もう限界」の文字、そんなにきついの?

あなたは知っていますか?医療事務の方が集う、掲示板。そんなものが世の中には存在するということに。愚痴を他人に聞いて欲しい。匿名だから安心出来る。誰にも言えない。実家を離れているものだから、家に帰っても一人ぼっち。誰にも聞いて貰えないから、今聞いて欲しい。そんな愚痴のはきだめがこの掲示板なのでしょう。

実はその掲示板、別に書き込みの際に必要なIDなどはありません。つまりはSNS制ではないということ。ということで、一般のそうした医療事務の方でなくても書き込みができてしまうのですね。そのため閲覧は誰でも可能。そうしたことから掲示板の噂話を閲覧しようと開いてみたのですが……恐ろしいことに「もう限界」の文字ばかりが躍っていたのです。

入社して一年経っていないけれど退職したい。退職理由は沢山あります。人間関係も酷いし、仕事内容もおかしいお給料だってもう耐えられないほどの値段。無理です、だって休みも貰えない!そんな書き込みが並ぶのです。最早読んだ瞬間絶句ですよね。

医療関係者の方は、毎日死と言うものを見慣れてしまっているからか、生きている人間に対してあまりにも粗雑な扱いに慣れていくのだそうです。そんな話しは確かに聞いたことがありましたが、それにしたってあまりにも酷い。病院スタッフからの暴言暴力は勿論、見て見ぬふりをする方がたは皆さんこれまた勿論笑み崩れてニヤニヤとしているだけ。助けようともせずに生贄の如く眺めているのだそうです。なんとも不気味な職場です。

他にも働く人間にとって良い会社、社会ではないと思うとすっぱりと切り捨てるような発言まであり、眩暈すら覚えるほどです。恐ろしいですね。イジメの横行、そして人の感覚とはかけ離れていく精神。それを皆許容していくというのも怖いものです。

けれど決して医療事務がそんな職場のみというわけでもありません。そうした異様な空間である職場を辞めて、新しい職場で人間らしい生活を手に入れた人もいます。ですからそうした医療機関はすっぱり辞めて、経験だけ積ませていただいてさっさとトンズラしましょうと言うことの様子。なるほどそれこそが最善の策なのでしょうね。

歯科医療事務ってどんな仕事なの?医療事務との違いを知りたい?

医療事務は大まかに分けて二つの資格があるのはご存知でしょうか。一つは医科、そして歯科の二つです。他に細かく派生した資格もありますが、大きな資格はこの二つ。医療事務は何となく想像がつきますよね?病院で受け付けや会計をするのに、あなたも応対をして貰っているはずですからそこは分かるはずです。では歯科医療事務とは、一体どのような仕事をするのでしょうか?

歯科医療事務は、歯科助手とも呼ばれているもので、歯科医や診療所、歯科クリニックでの受付、患者応対、そして予約のスケジュールを組む、などなどの仕事をしています。初診患者の保険証の確認、そして診察券の発行などもあります。電話応対、会計もそう。カルテを作成するのも歯科医療事務の仕事です。これらは医療事務の仕事となんら変わりありません。小規模な病院であればどこも同じということでしょうね。

ですが歯科医療事務の仕事の特徴としては、通常の医療事務とは違って、受付業務をしながらも、診察室に入って行かなくてはならない。更には歯科医師や歯科衛生士の補助的な業務を請け負うこともあったりするため、医療事務の仕事と言って、医科で受ける仕事よりもよりハードであることは確かでしょう。そのため歯科助手、とも呼ばれているわけですね。

更にはレセプトも医療事務ですから行います。むしろ、それこそが歯科医療事務の重要な仕事である、と言えるはずです。歯医者では基本的に虫歯の治療などを行う保険が使える一般的な診療がありますが、他に自由診療になる、矯正などもあります。ですが一般的な診療があるため、どうしてもレセプトは必須になるのです。保険に請求をかける、これに必要なのがレセプトなので、歯医者はもっとも時間がかかる仕事であるレセプトもなまけられないと言うわけです。保険診療なしの自由診療のみであれば、レセプトもなくて少しは仕事が楽になるのですが、そうはいかない、ということでしょう。

基本的に歯科医師は多くの場合を個人開業としています。ですから歯科医師や歯科衛生士のサポートは、歯科助手である、歯科医療事務がきちんと担当しなければなりません。この仕事は、医療事務よりも患者一人一人と密着する仕事でもあるため、やりがいと生きがいを見つけられる仕事になるでしょうし、そうして自分がサポートをしている、という充実感にも満たされる仕事であると言えますよ。

新卒採用決定!医療事務として出勤初日、気をつけるべきことはある?

学生で資格を取得、新卒採用で、物凄く嬉しいことに総合病院で働けることになりました!そのような学生さんから問合せをいただきました。おめでとうございます。問合せの内容は「医療事務として四月から初出勤です。気をつけなければならないこと、初出勤の時、どのような感じで行けば、良い印象を持っていただけるでしょうか?」期待よりも今は不安いっぱいのようで、失敗したらと頭を悩ませているようでした。なるほど、確かに総合病院で初出勤ともなれば、気をつけなければならないと身構える気持ちは分かります。では、どのような形、態度などで行けば、好印象を与えられるのでしょうか?

これはどこの病院であろうとも、どこの職場であろうとも同じですが、新人の心得として職場の一人一人にきちんとした挨拶をしてみてはいかがでしょうか?自己紹介はまず、新卒採用の方全員がされることでしょうが、そこで挨拶は確かにするでしょう。ですが一人一人に対し、配属先で挨拶を更にすること。無愛想は敵をつくりかねません。元から職場そのものが医療事務であれば、女性が多いはず。女性はそういった細かなところに敏感ですから、挨拶こそ、丁寧に、これを心がけましょう。

新人なのですから、教えられたことは丁寧かつ、メモを取って確実に仕事をこなせるように、これを守る様にして仕事をするよう心がけましょうね。早くしなければ!追いつかなければ!焦る気持ちは分かりますが、仕事が間違えることで厄介な事態になりかねない、そんな医療関係の職種ということもあるのですから、ゆっくりでも着実な処理を心がけましょう。正確性こそが鍵です。

そしてメモは分からないことを直ぐに質問し、その場で取れるように、ということですね。聞いていない!と思ったら質問。そして何度も同じ質問を繰り返さずに済むように、メモ。これが出来ない新人は嫌われるではなく、仕事を回して貰えなくなっていきます。それは辛いですし、大変なことです。教える側としても、メモを取ってくれていると分かると印象がぐっと良くなります。

そして最後に、あなたはこれから医療関係者になるということを良く頭に入れておきましょう。相手は数字ではなく、人です。患者です。誠実な対応をすることこそが、あなたの仕事を支えていくことを、他の仕事よりも強く理解しておいてください。
(⇒医療事務の仕事内容って過酷!?

医療事務の求人はどこで探せばいい?転職サイトじゃ見つからない理由

皆さん転職を考える際、どこでどのように就職口を探しますか?やっぱり求人が出ているところを探すには、求人情報誌などですよね?最近ではインターネットで情報が統一化されていて、求人情報も転職サイトにまとめられてぐっと見つけやすくなっています。ですが不思議なことに、医療事務に転職したいと考えているのだけれど、転職サイトには見つからないんだけど……という質問が届きました。転職サイトでは、医療関係を取り扱っていない、ということなのでしょうか?

まず転職サイトでは見つからないこの医療事務の求人ですが、なぜなのでしょうか?答えは簡単、ここに出す前に即座に応募が埋まってしまうか、または別口で応募があり、採用が決まってしまうかの二択でしょう。即座に応募が決まるのは、ハローワークなどの求人を出して、即座に応募がきてしまうのです。元から医療事務は供給過多であり、需要よりも人が多いため、なかなか皆さん医療事務の職にありつけずと言うこともあり、血眼になって就職口を探しているんです。ですから即座に応募は埋まる。そのため転職サイトには情報が回ってこないんでしょうね。

そして別口で応募というのは、病院側に直接「今募集していませんか?」と面接の問合せをする方がいらっしゃるということです。これで飛び込みの面接予約を入れて、採用決定。こんな人も中にはいるわけです。あとはコネなどで採用される方もいますが、基本的にはこの二つで採用されているようです。

ですからあなたが転職サイトで見つからないと言っているのはまだまだ探し方が甘いということですね。医療事務に就職したいと思うのであれば、他の方を押しのけてでもという意気込みが無ければ恐らくは採用されませんよ。頑張ってみましょう。
(⇒就職率が知りたい!医療事務はどれくらい採用される?
(⇒医療事務って女性の実の仕事ではないの?男性にも就職出来る?
(⇒就職難易度が知りたい!高いって本当?

<1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 >