医療事務

医療事務は女性のみ?男性は駄目なのか?詳しく聞かせてほしい!

どんな病院でも、何故か医療事務は女性ばかりですよね?小さな町のお医者さんも、総合病院も大学病院だってそうです。医療事務は女性ばかり。男性の需要は全くないのでしょうか?医療関係者になりたいとぼんやりと学生の時分より考えていたけれど、医者や薬剤師にはちょっと金銭的にもなれそうになかったので、医療事務を考えてみたと言う方から質問をいただいたので調べてみました。男性の需要は全くないのか。そして、働くことは出来ないのでしょうか?

実際に医療事務として病院受け付けを行っているのは皆女性です。あなたも病院で受付の方から丁寧にこのようにしてくださいと、受診を受けるにあたっての説明を受けた事があるはずです。何故受付の方は皆女性なのかと言いますと、男性だと駄目ときまっているわけではないのですが、病院の顔となる受付ということもあり、なるべくは女性を、そして綺麗な方を揃える傾向が強くなるためです。ですから男性は受付は駄目ときまっているわけではありません。

そして医療事務関係者が何故男性はあまり見ないのかと言うことですが、これも別段理由はないはず。何故なら医療事務は女性の仕事と決まっているわけでは無いのです。ただ、女性に人気の職だから、女性の割合が多いというのもあるようです。

そして露骨な表現をしてしまえば、男性だと難しい部分が多いと言うのがあるのですが、理由は勿論給料が安すぎて、家庭を支えるための基盤としては些か辛い職だからです。病院の正規職員として医療事務をする場合であっても、家庭を築くことは難しい、そんな給料なため、男性からは敬遠されているというのもあるのです。

医療事務でも薬の知識が少しはあったほうがいいよね?何で学ぶの?

医療関係者ともなると、医療事務をしていると言っても周りからは「医療関係者ならこれ知ってる?ねえ、これってどうなの?」と、様々なことを聞かれたりします。相手からしてみれば、医療事務も医師も変わらないのかもしれませんね。やはり病院勤めをしているのですからこれは薬の名前や作用なども、ある程度は知っておくべきなのでしょうか?考えてしまいます。せめて少しでも知識を入れておくべきだろうと言うことで、薬剤師向けとまではいきませんが、易しい入門書のような本があればちょうどいいですね。そういったものはないのでしょうか?

実際に医療事務の関係で使っていたことがあると言う方は、「医者から貰った薬が分かる本」という題名の本があるそうで、そちらを利用していたそうです。これは毎年発行されている本の様で、何年度版と言った形で毎年出ているものになるそうです。ですから購入するなら最新版をおすすめします。常に最新情報を提供しているため大変勉強になりますよ。

もう一つおすすめ出来るのは、「早分かり医者のくすり」という本です。かなりしっかりとした本ですが、中身も相当しっかりとしたものです。一冊は持っていたいというのであればこれも大変役に立つでしょう。

医療事務の仕事でなくとも、ちょっとした時に読む読みものとしても重宝しそうなこの薬についての本ですが、知っているのといないのとでは雲泥の差になります。これはこういう薬なんだ。副作用もあったんだ、納得がいって使えるというのは強みでしょう。医師からの説明で、これはしてはいけない。そう言われても何故?という疑問は多少なりとあるでしょうが、こうした本で副作用が分かると処方されたものに納得がいきますからね。
(⇒医療事務に必要な心得とはなにか?

アメリカで医療事務経験アリ、医療制度の違いが酷い?噂の真相!

アメリカの医療制度について、アメリカで医療事務をしている方に話しを聞きたい!そのように質問が投げかけられたのですが、何故このような質問なのか話しを聞いたところ、日本ではありえないような話しでした。

「アメリカでは医療保険制度が日本のように優しくないの。だから国民のほとんどの人が保険に入れないし、民間の医療保険に入りたくっても審査が厳しいし、入れない。そもそも病院で医師から手術すべきって勧められても保険会社に聞いてからじゃないと手術が出来ないって聞いたんです」何それ!?驚きのあまり嘘でしょうとの言葉しか飛び出てきませんね。

手術に保険会社の同意が必要とはまた驚きですが、実際はどのようなことになっているのか、アメリカで医療事務をしている方からお話しを伺ってまいりました。

「問題は、夫婦どちらかでも保険がついている就職につけるかということですね」つまり、アメリカで就職した企業に、そうした保険がついているかついていないかが問題になってくるのだそうです。つまり、個人でこうした保険に加入することが厳しい理由としては、支払い能力があるかないか分からないから。ですがきちんとした就職さえ出来ていれば、保険も加入が出来ると言うこと。だから問題なしというわけです。

そして「病院で手術を勧められても保険会社が認めない」のこの部分ですが、これは大きな手術や難しい手術でもない限り特に問題なく保険会社は認めるとのこと。ただし、日本では30%は自己負担と決まっていますが、保険会社が負担する割合について、可也揉めるそうです。手術のたびにこれですか?面倒くさいったらありませんよね。

そしてこれが凄く嫌だなと話しを伺っていて思ったのですが、医師よりも保険会社の発言の方が強くなるのだそうです。処方箋も高い薬では難癖をつけられるし保険が使えず、結局副作用の強い薬になってしまうのですと聞いた時にはぞっとしませんか?

ですから日本の民間の医療保険に入っておけば、アメリカの医療費もカバー出来るため、入りっぱなしで渡米する方もいるのです。正直ここまで日本とアメリカの差が開いているとなると、とんでもないとこれだけでアメリカ暮らしは諦めたくなるレベルですね。
(⇒アメリカの医療事務は日本とはどう違う?

教育訓練給付金を使えば医療事務の資格も楽々取れちゃうってほんと?

あなたは教育訓練給付金について知っていますか?これは厚生労働省が実施している制度ですが、厚生労働省が指定している講座を受講している対象者に対し、資格を受けるのにかかった多大なる金額のうち、一定の金額を返金するというもので、より潤いのある生活を社会人にさせようという目論見による取り組みです。

あなたも知っての通り、資格を取るにはお金がかかります。どれもこれも数千円から十万、高いものでは更に高価で数十万もかかる資格だってあります。こんなことからも資格を取得するのに躊躇するという結果になってしまい、現在の生活をやむなく送っている、実際は十分な能力があるのに評価を受けることが出来ない方がいますね。そのような方の支援のために作られた制度というわけです。

ですが存外これが知られていないから困ったもの。この制度、実は今までこうした支給を受けた事が無いと言う人は、雇用期間が一年以上であれば対象となります。二回目以降であると言う場合はまた期間が更にあくなどして給付を受けることが可能となり、対象者は費用の約20%が支給されることとなっています。

因みに全ての資格が使えるわけではなく、厚生労働省があくまでも認めているもの、これを限定して給付をすると決まっていますのでご注意を。

なお、医療事務の場合は医療事務管理士技能認定試験、そして診療報酬請求事務能力認定試験の二つが給付対象となっております。事務系は他にもTOEICなどもあり、結構な数が給付の対象となっているのでこちら、一度調べてみるのも面白いかもしれません。

この給付を受けることで今まで「お金がそこまで余裕ないし、資格なんて夢のまた夢」なんて諦めていた方も大丈夫。受講にかかったお金はきちんと返ってきます。資格取得、諦めないでくださいね。

資格を取った後はどう?口コミ・感想、医療事務はやっぱり厳しい?

医療事務の資格を取るべく、日々頑張っているあなたが知りたい、資格取得後の話し。実際のところ、どうなのでしょうか?今回は現実と理想と、摺りあっていたかどうか、こちらを調べてみました。

こちらは医療事務資格取得後の、元受講生の口コミと言った形でアンケートを取らせていただいた結果になります。実際に皆さん一様に口を揃えて「人気のある資格である」とおっしゃっていましたね。医療関係者なのに薬の名前を覚えたりする必要はなく、テキスト片手にでも仕事は出来なくはないのも良いということで、精神的にそこまで厳しい職場というイメージはないそうです。

レセプトもどこもほとんど同じで特にここだけ特殊といったものもなく、そうした観点から就職に対する不安もない。更には短期間で取得も可能なため、人気なのではないか?とも。ただし年齢でひっかかってしまい、採用は難しかったから評価は厳しくされている人が多いのが印象に残りました。

就職が可也厳しくそこまでで多大な苦労をされた方が多いため、辛口評価が多いです。若ければ採用は出来るだろうけれど、主婦に人気の資格だけあって、就職の段階に行くまでに気がつけばいいけれど、就職になってから気づくと悲惨そうです。

下手をするとコマーシャルで楽なのか!と安易にお金を払って受講をするけれど、就職はからきし駄目で結局無駄なお金になっちゃったと泣く人まで居る始末。これはかなり悔しいですね。なんだか騙された!というコメントばかりでこれから先の受講は良く考えてから行うべきかもしれませんね。就職口が親戚の医療機関で、などと、決まっているなら話しは別ですけれど。
(⇒資格取得が簡単イメージで人気はうそ?

保険証を持ってこれなかった!医療事務は清算請求をどうすればいい?

保険証を持って来なかった、持って来れなかったという場合、あなたはどのようにこれを請求しますか?治療費の請求、清算、どうしているでしょう?

修学旅行先で怪我をした、風邪を引いたと言う方、時折来られたりしませんか?そうした場合はマニュアルがあってやり方は分かるかと思いますが、急な発熱で保険証を持たずに受診される方というのは、どうしているでしょう?初診の方、その上保険証を今回持ってきていないとなると、また難しいですよね。

通常そうした方は全額負担いただいて、後日保険証を確認させていただく運びとなります。そして後日保険証を確認した際、確認が取れましたので、ということで負担額を通常の割合にして、差額を返金する形。これが正解でしょう。

ですがあまりにも日数が経過している場合、返金はどのようにしていますか?返金しないままというわけにもいきませんよね?ですがレセプトの月遅れがどこまでさかのぼり、請求が出来るのか、これがいまいち分かりませんね。

実は月遅れのレセプト請求期限は、3年までと決まっています。まず、保険証を持参されないで受診された場合の取り扱い方法は、一旦自費で全額いただきます。そして後日保険証と全額支払った日の領収証を持参していただき、患者負担割合分のみいただき、差額を返還する方式になります。月が変わってしまった場合は、月遅れレセプトとして隠支払い基金に請求をすることになるのです。

そしてもう一つ方法があるのですが、患者が長期滞在――入院などした場合などになりますが、こちらの場合は自費で全額徴収は変わらず、患者に保険者の元へ量用の給付手続きをとっていただき、保険者から送られてきた所定の書類を医療事務側で作成すること。そして保険者から患者本人に直接負担割合に応じて返金して貰う形になります。
(⇒月途中に保険証がかわった、などなど、こうしたときはどうすべき?

医療事務面接内容、一般常識、作文、でもその後の適性検査ってなに?

医療事務の就職で一番難儀するのが面接です。そして履歴書もそうでしょう。就職難が叫ばれる医療事務ですが、そもそも履歴書を読まれることなく終わっていると言う場合も多くあります。それはなくしたいのできちんと履歴書は埋めて送付するものですが、それでもなかなか面接の機会は巡ってこない。

必死になって履歴書を書いて面接の機会が出来ました!となっても、面接が上手くいかなければ元も子もありません。さあ、あなたは面接をどのようにして乗り切りますか?そもそも、医療事務の面接とはどのようなものでしょうか?

医療事務の面接で一般常識と作文、そして適性検査というものがあると履歴書を読んだ医療機関から手紙が届いたそうです。ですが面接だけだと思っていた方は驚いたそうです。だって一般常識問題ってことですか?それに作文ってなんですか?適性検査って、車の免許の時以来ですね?なんて、驚きの連続過ぎてどうしたらいいか分かりません。何をするんでしょうか?

そもそも医療事務は看護師でもないため、医療的なことを求められはしません。ですからあくまでも一般常識問題は、本当に一般常識をはかるために行う試験。そして作文というのは何かお題を与えられての作業となるでしょう。ですから作文を書くのに必要なテキストを買って、その面接日まで予習するというのが良いでしょう。

そして適性検査ですが、これはあなたの性格判断を行います。余程滅多な事をやらないかぎり、特に問題なくこちらはパス出来るはず。何故なら一般常識には正解が用意されているものですが、適性検査にも作文にも、ある種答えは用意されていませんので、正解というものが存在しません。ですからあなたが答えを書くならば、自分ならどうするか、など、普通に答えを書き込むだけでいいのです。ただそれだけであなたの性格を判断し、相手はこれに合否をつけるのですから。

そして、逆に飾り立てて良い方向へと適性検査の答えを書こうとしてしまうのも良くないでしょう。何故なら適性検査というものは正直で、誤魔化したら誤魔化したなりの性格にしかならないのです。ですから普段通りを心がけた方が、むしろいい結果になりますよ。
(⇒志望動機を書いてうかる!
(⇒医療事務に向いている性格?そんなのがあるの?

履歴書ってどう書いた?医療事務面接申込前に知らないと損をする!

あなたはこの病院の面接に申し込むぞ!と決めた時、履歴書をどのように書いていますか?面接時に役立つ医療事務の履歴書の書き方、そして面接のポイントを解説したいと思います。

履歴書ですが、医療事務となると書類に毎日の様に向き合う職業ですから、必ずこの履歴書は重要視されてくるはずです。ここはきっちり書きましょう。写真は服装はスーツがベスト。にかっと笑っている様な歯の見えるような笑みは少々やりすぎですので、口の端を持ちあげる程度の笑顔。けれど綺麗な笑顔で写れるようにしましょうね。ポイントは顎を少し引くことですが、引き過ぎてはただ睨んでいるように見えるので要注意。

日付は郵送であれば投函した日を記入。持ち込みであれば持ち込んだ日で書きこむこと。住所は1-12-123などではなく、きちんと1丁目からきちんと書き込むこと。手を抜いていると思われますし、印象も良くありません。

学歴、職歴と、頭に書き込んでから書いていくこと。そして資格は正式な年月、そして名称を書き込みましょう。医療事務の資格は特に重要視されるのがこれ、診療報酬請求事務能力認定試験。この資格こそが医療事務の資格で最高峰と言われている(現在はですが)ものですので、こちらがあるならば一番頭に記入すると良いでしょう。

趣味や志望動機欄ですが、趣味は面接官が人間性や性格などを判断する材料とするそうですので、きちんと書き込むこと。アピールにも繋がるので好意的にとられるものがあれば、書き込むと良いと思います。昔からずっと続けているものや、印象に残るようなものが一番いいですが、医療事務で使えるもの、生かせるものなどもあれば書き込むとグッド。これを続けているので体力に自信があります!などですね。

面接時に必ず聞かれるのが志望動機。こちら面接に使う履歴書でもありますが、きちんと書き込み、そして答えることが出来れば評価点がぐっと上がりますよ。なぜ、あなたが医療事務を目指しているのか。熱い気持ちを書き込むこと。ハートが伝われば必ず面接官の心も動くはずです。頑張りましょう。
(⇒面接時の受け答えはどうすればいい?
(⇒志望動機の書き方はこうだ!

ハロワの医療事務講座は無料で嬉しい!…は、実は違うって知ってた?

ハローワークの医療事務講座を知っていますか?就職活動支援の一環で開かれている講座なのですが、こちら、無料であるため大変な人気となっております。医療事務の講座を自腹で受けるなら、実際には10万近くのお金がかかってしまうこともあり、無料なのが大変嬉しいと評判なのです。ですがこれ無料だから受けたいと願うのも分かりますが、そんな考え方だと痛い目を見るかもしれません。

ハローワークで受けられるものは二つあり、一つは求職者支援制度、こちらは基金訓練であり、雇用保険に入っていない社会人向けのものです。そして離職中の社会人に向けたものというものがあるのですが、こちらが公共職業訓練と言われ、ほとんどの場合がこちらで皆さん受けることになるかと思います。どちらもハローワークの窓口で申し込みが可能ですが、競争率は凄まじいものがあります。

公共職業訓練の場合、皆さん離職中ということもあり、職業訓練を受けたいと願う方ばかりなので資格は欲しい。そのため、求職者支援制度と違い、こちらの倍率は可也高い。10名の枠に対しその数倍などがざらです。そして求職者支援制度も同じく、倍率は高いので、タダだからなんて気持ちでいると受かりません。

なお、選考場所へはスーツで行かれることをおすすめします。なぜなら、私服の方、スーツで選考面接へいらしたかたと居た場合、スーツを選ぶと面接官は言うのです。ですからスーツを着てきましょう。あなたの資格をとってやるぞ!という本気具合が分かるそうです。そして選考場所で面接場へ向かう際、面接官はどこに潜んでいるかわかりません。「受講生はこちらですよ」と、案内をしてくれた気の良さそうな方が実は……なんてこともよくあるパターンです。

選考で選び、この方は本当に資格を必要で取りに来ているのか、それともただ資格が取りたくてだけなのか……などなど、可也厳しく見極めようとしてきます。ですからタダだからという気持ちでいるならそれは見透かされてしまって赤っ恥、なんてことになるかも?
(⇒選考試験に受かるには……?

働きたいのに受からない!医療事務にどうやったら受かるのか教えて!

医療事務として働きたいのになぜか受からない!そうした悲鳴は日本中から聞こえてきますね。どうやったら医療事務として働けるのだろうか?そのように皆さんが疑問を抱くのも無理はありません。実際に酷く医療事務で働くということは難しいのは事実ですから。でも、医療事務講座より就職あっせんをうたっているところですら、ない。というのはどう考えても異常ですね。なぜなのでしょうか?

原因は医療事務講座の就職あっせんが約束されていたとしても、その就職口がある地方でなければ就職は約束されていないということにあるでしょう。当たり前かもしれませんが、医療事務は病院以外の勤め先はありませんよね?ですが田舎にいけばいくほどに、病院は少ないです。ということはそれに比例して田舎であればあるほどに、講座の紹介出来る就職口というものもまた、少ないのです。ではどうしたら働けるのでしょうか?

医療事務は経験があること前提で求人をかけることが多いのは元より良く知られていることですよね。医療事務の求人は、派遣会社などを通してコストダウンを仕掛ける様に、病院側もコストのかからないように削れる部分として医療事務を考え、見ています。ですから元から使えなければ取らない。そして育てている余裕もない。お金をかけたくありませんから当然でしょう。そのため経験者以外取れるという余裕は一切ないのです。ですから求人をかけて取るのは経験者のみ。派遣会社としていくのであれば、アルバイトから、パートから、それくらいのレベルの求人でいいから、医療事務として働きたいと願うレベルでないと、最初は仕事も取れないでしょう。

誰でも講座で取得出来る資格だからこそ、今現在飽和状態なのです。そもそも講座にくっついている就職あっせんというのは、あっせんではなく、講座にくっついている登録先の病院に、空きが出来た。よし一人入れられるよという、空きが無ければ働けないと言う、登録型の派遣先。今現在空きがあるとすれば夜間勤務のみかもしれません。それでもいい、それくらいからで構わないと、なりふり構わないくらいでいけば、もしかしたら受かるかもしれませんが、基本的に普通の派遣会社では恐らく無理でしょうし、更に言えば田舎の医療機関では、それこそ空きが出来るのを待つのはあまり有意義は言えませんよ。

<1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 >