歯科医療事務の資格難易度

歯科医療事務の資格合格は難しい?実は押さえるポイントがあった!

あなたは歯医者さんに定期検診を受けに行きますか?大体の方が半年点検をすべきだと、車の様に点検を欠かさずしないといけないと、検診の申し込みをしているはず。でもこれ、やってもどうしても虫歯が出来てしまう人がいますよね。歯石を欠かさず取って貰っても、何故かまた出来るの繰り返し。中々上手く出来ない時期と言うものが作れない人がいます。実を言うと虫歯が出来やすい人っているらしく、これにあたると相当気をつけて歯を磨いていても、出来ちゃうんですって。

因みにそんな歯科医師の手助けをする歯科助手ですが、これも実は医療事務の一形態になります。事務員が実は助手をしていたっていうのも驚きですが本当ですよ。資格は歯科医療事務管理士というものになりますが、これ、一発受験の合格率、案外高いんです。50%~75%ですから、大変高いと言えると思います。でも実はこれ、数字上のことであり、実際は話しが全然違うんです。試験会場に資料持ち込みが可能であると考えると、ある種異様に低いと思いませんか?

実を言えば医療事務の歯科部門、テキストってものが入手しにくいことで有名で、そのため中々独学で学ぶのが厳しいんです。ですからどうやっても一発で合格っていうものが厳しいというわけ。そもそも持ち込み可のはずなのに持ちこめる教材が独学じゃ手に入らないんですから意味がないというのもありそうですけれどね。

因みに独学で学ぼうと考えたら、日本医療事務センターが発行しているテキストを購入するしかないのですが、こちら、本屋では滅多に取り扱わない商品なため、お手上げ状態になるかも。ですから直接購入するしか無いとも言われるため、勉強を始めると決めた時から即座に電話して届けて貰った方がいいかもですよ。独学を諦めるなら講座のほうが余程簡単です、ということだけは念頭に置いておくこと。ただし、金額は独学よりも数倍かかりますけれど。
(⇒歯科医療事務とはどんな仕事なのか?

このエントリーをはてなブックマークに追加