教育給付金について

教育訓練給付金を使えば医療事務の資格も楽々取れちゃうってほんと?

あなたは教育訓練給付金について知っていますか?これは厚生労働省が実施している制度ですが、厚生労働省が指定している講座を受講している対象者に対し、資格を受けるのにかかった多大なる金額のうち、一定の金額を返金するというもので、より潤いのある生活を社会人にさせようという目論見による取り組みです。

あなたも知っての通り、資格を取るにはお金がかかります。どれもこれも数千円から十万、高いものでは更に高価で数十万もかかる資格だってあります。こんなことからも資格を取得するのに躊躇するという結果になってしまい、現在の生活をやむなく送っている、実際は十分な能力があるのに評価を受けることが出来ない方がいますね。そのような方の支援のために作られた制度というわけです。

ですが存外これが知られていないから困ったもの。この制度、実は今までこうした支給を受けた事が無いと言う人は、雇用期間が一年以上であれば対象となります。二回目以降であると言う場合はまた期間が更にあくなどして給付を受けることが可能となり、対象者は費用の約20%が支給されることとなっています。

因みに全ての資格が使えるわけではなく、厚生労働省があくまでも認めているもの、これを限定して給付をすると決まっていますのでご注意を。

なお、医療事務の場合は医療事務管理士技能認定試験、そして診療報酬請求事務能力認定試験の二つが給付対象となっております。事務系は他にもTOEICなどもあり、結構な数が給付の対象となっているのでこちら、一度調べてみるのも面白いかもしれません。

この給付を受けることで今まで「お金がそこまで余裕ないし、資格なんて夢のまた夢」なんて諦めていた方も大丈夫。受講にかかったお金はきちんと返ってきます。資格取得、諦めないでくださいね。

このエントリーをはてなブックマークに追加