医療事務の仕事に英語は役立つ?

医療事務に英語は必須!英会話を覚えたい!医療事務が必要な本はこれ

社会人、それも営業で外回りをする人間ともなれば、英会話は最近では必須事項とも言えますね。他には中国語なんかも覚えている人が重宝されるんだとか。何にせよ外国語を話せることは、それこそ当然という風潮になりつつあるのが事実です。あなたは英語、話せますか?そして、英会話を覚える必要性を感じますか?

そうした英会話、病院には外国の方も多くやってきます。出稼ぎと言う方もいますし、ビジネスマンとして出張でこちらにと言う方もいますね。ですからコミュニケーションが出来ないと困ると言う医療事務の方が最近ではその必要性を真剣に考えている様子。なるほど、では医療事務をこれから学ぶと言う方や、資格を取ってこれから就職活動と言う方にとってみれば、英会話が出来ることが強みになるということですね。

英会話だけでなく、実を言うと医師は基本的に診療関係で英語のやり取りが出来ることが多いため、外国の方の診察受け入れ可能な病院が多いんだとか。ということは、医療スタッフ募集の無いように英語力など記載されていなくとも、語学力は場所柄必要ということなんですね。話せるにこしたことはない、こういう考え方ということ。

そんな医療事務に必要となる英語力、これを身につけるために必要なアイテムを今回はご紹介させていただきます。まずは資格ですが……英語検定(英検)です。こちらは財団法人日本英語検定協会からの資格。いまどき持っていないとと言われる資格ですね。そしてそれよりも重視されるのがTOEIC。財団法人国際ビジネスコミュニケーション協会の資格です。こちらは資格ではなく点数で評価をされるので、どこまでやれば合格ラインというものがありません。ですから全力を出し切るべく頑張ってやらねばなりません。

他にもTOEFL、国際教育交換協議会主催のものと、国連英検、国連英検試験というものがあります。どれも履歴書に記載されているとおや?と目に留まること確実なものなので、ちょっと頑張って勉強しようかな?と思えるならばこれから頑張ってみては?

英会話が勉強したいの!基礎から勉強したいという医療事務の方必須の本はというと、医療従事者向けの英会話本がありますのでこちらをチェック。題名は「必携病院における実践英会話―医療従事者のための基本英語―」医療科学社からの出版です。一冊持っているだけでOK。大変勉強になる本なので購入してみることをお勧めします。
(⇒英語圏でも医療事務は出来る?

このエントリーをはてなブックマークに追加