医療事務の資格勉強ポイント

ポイントが丸わかり!医療事務の資格を取得する勉強法を教えます!

医療事務の資格を取得するにはどういったポイントを踏めば一気に勉強が進むのでしょうか?そんな効率化された勉強法があるならば、知りたいですよね?今回はもっとも効率的な医療事務資格の勉強方法についてこれさえ押さえれば完璧というポイントを解説させていただきます。

まず独学であるか、それとも専門学校に通っているのか、通信教育、講座であるのかにより変わってきますが、ポイントの一つ目としてスケジュールを立てましょうということ。学校、講座、通信それら三点についてはスケジュールが先に組まれていますから、それにそって学んでいくことになるかと思いますが、独学のかたは試験日より逆算する形でスケジュールを組んで学びましょう。

次は医療事務というのはレセプトを必ず作成することになりますから、このレセプトに使用する診療点数早見表、これを理解すること。読める様になること、これが最初の目標になります。これに慣れないうちは勉強の第一歩すら踏みだせていないということをご理解ください。

そして試験には医学知識、そして医療漢字の読み、更には医療用語たる略語が出題されます。医学知識等に関しては、医療事務にそこまで必要とされないために、基礎的な知識のみで結構ですが、これについてきちんと答えられるようにしておきましょう。なぜなら医療事務資格試験のほとんどに、出題範囲としてこれらは含まれている為です。

そしてこれこそが肝心となりますが、医療法規の本を購入、医療事務資格を取れる本のような題名の本を、丸暗記する必要はありません。試験の範囲を正しく調べ、過去問をチェック。その範囲内のみを徹底的に頭に叩き込むこと。理解すること。これで十分に試験に受かることができます。

このエントリーをはてなブックマークに追加