医療事務の仕事内容について

記事一覧

保険証を持ってこれなかった!医療事務は清算請求をどうすればいい?

保険証を持って来なかった、持って来れなかったという場合、あなたはどのようにこれを請求しますか?治療費の請求、清算、どうしているでしょう?

修学旅行先で怪我をした、風邪を引いたと言う方、時折来られたりしませんか?そうした場合はマニュアルがあってやり方は分かるかと思いますが、急な発熱で保険証を持たずに受診される方というのは、どうしているでしょう?初診の方、その上保険証を今回持ってきていないとなると、また難しいですよね。

通常そうした方は全額負担いただいて、後日保険証を確認させていただく運びとなります。そして後日保険証を確認した際、確認が取れましたので、ということで負担額を通常の割合にして、差額を返金する形。これが正解でしょう。

ですがあまりにも日数が経過している場合、返金はどのようにしていますか?返金しないままというわけにもいきませんよね?ですがレセプトの月遅れがどこまでさかのぼり、請求が出来るのか、これがいまいち分かりませんね。

実は月遅れのレセプト請求期限は、3年までと決まっています。まず、保険証を持参されないで受診された場合の取り扱い方法は、一旦自費で全額いただきます。そして後日保険証と全額支払った日の領収証を持参していただき、患者負担割合分のみいただき、差額を返還する方式になります。月が変わってしまった場合は、月遅れレセプトとして隠支払い基金に請求をすることになるのです。

そしてもう一つ方法があるのですが、患者が長期滞在――入院などした場合などになりますが、こちらの場合は自費で全額徴収は変わらず、患者に保険者の元へ量用の給付手続きをとっていただき、保険者から送られてきた所定の書類を医療事務側で作成すること。そして保険者から患者本人に直接負担割合に応じて返金して貰う形になります。
(⇒月途中に保険証がかわった、などなど、こうしたときはどうすべき?

歯科医療事務ってどんな仕事なの?医療事務との違いを知りたい?

医療事務は大まかに分けて二つの資格があるのはご存知でしょうか。一つは医科、そして歯科の二つです。他に細かく派生した資格もありますが、大きな資格はこの二つ。医療事務は何となく想像がつきますよね?病院で受け付けや会計をするのに、あなたも応対をして貰っているはずですからそこは分かるはずです。では歯科医療事務とは、一体どのような仕事をするのでしょうか?

歯科医療事務は、歯科助手とも呼ばれているもので、歯科医や診療所、歯科クリニックでの受付、患者応対、そして予約のスケジュールを組む、などなどの仕事をしています。初診患者の保険証の確認、そして診察券の発行などもあります。電話応対、会計もそう。カルテを作成するのも歯科医療事務の仕事です。これらは医療事務の仕事となんら変わりありません。小規模な病院であればどこも同じということでしょうね。

ですが歯科医療事務の仕事の特徴としては、通常の医療事務とは違って、受付業務をしながらも、診察室に入って行かなくてはならない。更には歯科医師や歯科衛生士の補助的な業務を請け負うこともあったりするため、医療事務の仕事と言って、医科で受ける仕事よりもよりハードであることは確かでしょう。そのため歯科助手、とも呼ばれているわけですね。

更にはレセプトも医療事務ですから行います。むしろ、それこそが歯科医療事務の重要な仕事である、と言えるはずです。歯医者では基本的に虫歯の治療などを行う保険が使える一般的な診療がありますが、他に自由診療になる、矯正などもあります。ですが一般的な診療があるため、どうしてもレセプトは必須になるのです。保険に請求をかける、これに必要なのがレセプトなので、歯医者はもっとも時間がかかる仕事であるレセプトもなまけられないと言うわけです。保険診療なしの自由診療のみであれば、レセプトもなくて少しは仕事が楽になるのですが、そうはいかない、ということでしょう。

基本的に歯科医師は多くの場合を個人開業としています。ですから歯科医師や歯科衛生士のサポートは、歯科助手である、歯科医療事務がきちんと担当しなければなりません。この仕事は、医療事務よりも患者一人一人と密着する仕事でもあるため、やりがいと生きがいを見つけられる仕事になるでしょうし、そうして自分がサポートをしている、という充実感にも満たされる仕事であると言えますよ。

医療事務の仕事の流れを学び資格取得後を簡単理解しちゃいましょう!

医療事務と言う仕事は、日々どういった仕事をしているのでしょうか?初診から一人の患者が入ってきた時から始まるその仕事、その流れを追ってみましょう。

喉が痛い、耳が痛い、膝が痛い、怪我をした、様々な理由から人は病院へ出向きます。そこで再診でない限り、どのような症状で本日は見えられたのですか?と尋ねられ、簡単なカルテに自分で記載していきます。これを元に医療事務はきちんとしたカルテを作るのですが、カルテには、患者の氏名、生年月日、住所、保険証に記載されている内容などなどの個人情報を全て書き込んであります。それを作って診察室へ回します。そして患者さんには診察室をご案内。

医療事務はその間に、初診どころか初の来院ともなれば診察券を発行しなければなりません。診察券を作り、カルテに挟みこみ、診察室へ。診察が終了した患者さんは今度は支払いのために待合室へ戻ってきます。総合病院などですと、支払い窓口へ向かうことになりますね。小さな診療所では受け付けと同一であることの方が多いでしょう。こちらの会計はもっとも人が停滞する時間であるとも言えます。そのためスピーディーに行わなければなりません。診察の内容を確認、点数化、そしてその患者さんの負担する金額を計算し、出します。相手は体調がすぐれず病院にきています。これは素早く行い、早く帰らせてあげましょうね。

このような形が一人の患者さんに対する流れであり、これの繰り返しこそが一日の流れになります。医師、看護師もそうですが、医療事務の仕事もミスが許されない仕事です。ですから丁寧に行うことは求められますが、慣れてきたら早く行うことも重要になってきます。先ほども記述した通り、相手は体調が悪くて来ているのですから、待合室で待っていることの方が余程辛いのです。早く帰らせてあげないといけない。早く寝れる場所へ帰してあげよう。どんなにベテランになってもこれをずっと考えて仕事が出来る様になれればと思いますよ。

医療事務講師ってどうやってなる?実は簡単!あなたも講師になれる!

医療事務の資格を取得する際、あなたはどこでどのようにして取得しましたか?講座ですか?独学ですか?スクールに通われましたか?それらの中であなたは、指導講師と必ず接点があったはずです。独学の方はほぼないかもしれませんが、医療事務として働くようになったという方であれば、そういった方との接点もあるはず。そうした医療事務指導講師について、あなたはどのような感想を抱いたでしょうか?講師をやってみたいと思いましたか?実はこの指導講師、あなたもなれるんですよ。

指導講師の仕事内容は様々あります。スクールや講座にはいつでも人手が足りないため、沢山の指導講師を欲しているから需要はあるでしょう。基本的に事務系の仕事になりますが、医療事務のスクールでは教鞭を取るために教壇に立つことになるでしょう。レセプトについて教えたり、接遇について教えたりと様々です。

講座であれば医療事務の問題を解かれてきた書面に目を通して丸バツ、点数をつけていくといったことも。書面やメールでの回答などなど、これから資格を取ろうと言う方に、資格取得に向けて力を貸してあげるということになるでしょう。

講師になるには特別な資格は必要ありません。それはそれこそ医療事務の資格を取ってしまってからのお話しですが。自分がサポートを受けられたらこんなに楽だったんだろうな、などと想像をしながら講師になるもよし、自分が受けたサポートを今度は自分が後続の方にしてあげるんだ、という気持ちで行うもいいでしょう。
(⇒あった講座を見つけることが資格取得の近道

どこからどこまでが医療事務の仕事?クレーム対応まで私たちがやる?

病院により規模は様々ですが、これくらいの病院だとこれくらいまで仕事がある。これくらいの病院だとここまでしか仕事がないと様々仕事の内容も変わるはずですね。では、どこまでが医療事務の仕事ときめられているのでしょうか?大きさにより変わるのであれば面接候補も考えたいはずということで、今回はその病院の規模により、仕事内容は変わるのか、調査してみました。

病院によりまちまちですが、診療所では受け付けから会計まで全てやるのが普通ですね。受付、カルテ作成、診察室への案内、会計などが仕事です。従業員が200名もいるようなところであれば分業も出来るでしょうから、受付は受付、会計は会計と分けられるはずです。

ですが裕福な病院でなければ、200名も従業員がいたとしても、トイレから廊下、診察室の掃除も全て医療事務の仕事というところもあります。規模がどんなに大きくても、そうした外注に発注するような仕事も自分のところで賄わなければやっていけないというところもあるわけです。

そしてクレーム対応などは、最下層の仕事として医療事務がそのほとんどを負うこともしばしば。逆に従業員数が多く、分業が完全に成り立ってしまっているところですと、電話受付事務だけ、と言う方もいて、それでも医療事務は医療事務、クレームまたは電話問合せの窓口として常にその席にいなければならないという方もいるそうです。

診療所ではそうして雑事まで全てこなし、総合病院ではある程度まで医療事務の仕事とされ、そして従業員数が200名を越えれば分業でレセプト作業を行わないことまであるため、医療事務の仕事はある種幅が広いと言えるでしょう。トイレ掃除は絶対に嫌!というのであれば、実際にその病院にいってみて、トイレの掃除は外注が入っているかいないか、確認だけでもしてみてはいかがでしょうか?
(⇒医療事務の仕事って何?以外に多いって知ってる?

医療事務の疑問、公費医療証公費ありなし、分けることが必要になる?

医療事務は実際に働いてみないと分からないことばかりの連続である。そんな話しをあなたは聞いたことがありますか?先人と話す事がある人であれば耳にしたことがあるかもしれませんが、通信講座で自宅で独習の場合、中々そんな機会はなさそうです。やっと資格を取れて働けるぞ~!と、意気揚々と働き口として決まった病院まで出かけていって「嘘……こんなの全然習ってないよ」なんてことが、医療事務にはよくあることなんです。

あなたは知っていますか?公費医療証というものを。なんだか物凄く名前がかしこまっている感じで、全く勉強していない人にとってみれば、なにこれ?なにかの身分証にも使えそうな交付っぽいね?そんな感想を抱きそうなものですが、実際にそうしたものにも利用出来ますね。

これは公費負担医療に使われるものであり、特定の対象者に対し、公費により医療に関する給付を行う制度になっています。感染症や生活保護の方がこれにあたりますが、その他にも戦傷病者特別保護法などにより、給付を受けられる方もこちらに該当されます。そして障害者自立支援法などに基づき障害者もこの公費を受けることが出来ます。

その他にも様々な法律によりこちらの公費を受けられる対象者がいますが、そちらは長くなるので省かせていただきます。対象者など気になる方がいましたら、社会保障や医療制度について調べてみるのもいいでしょう。

こちら公費負担制度、実施の有無は地方自治体により様々変わってきます。そんな公費医療証を持参された方が、公費医療対象の治療と同時に、公費医療対象外の治療を受けた、もしくは処方をされた場合、どうなるのでしょう?カルテをわけるべきなのでしょうか?それともカルテは同じでいいのでしょうか?こんなもの、医療事務の講座では習わないので実地で学ぶしかありません。さて、どうすればいいでしょう?

実際の医療現場にて質問させていただきました。こういう場合、どのようにしているのでしょうか?と。するとこのような返答が返ってきました。カルテは同じで大丈夫。公費請求であるものも、公費外だとしても、基本は国保や社保など同じように医療現場からは請求をするため、同じでいいそうです。そのため病院によっては医師がそのまま公費ですよとカルテに記載することもあるそうです。ですから間違えることはないのだと言います。

つまり、どんな形でもいいのです。カルテを見て、公費請求部分はこの部分だな、そしてこの部分は適用外だから別の請求になるなと、自分で分かればいい。そのため医師が書き込みをしない場合はそのままカルテに医療事務が公費であればメモまたはアンダーラインなどを引くのもありですし、自分が分かりやすいようしていくそうですよ。
(⇒医師のカルテなどを纏める仕事、というものもある

自費診療、保険診療、にんにく注射はどう計算する?混乱しそう!!

医療事務は兎に角経験がものを言う、その理由というものが、勤め始めてから分かるようになった、こんな感想を抱いたかたもいるくらいなので、相当なのでしょう。

あなたは自費治療を行った患者について、レセプト算定を行ったことがありますか?まだ、と言う方は実際に自費の算定をしてみれば分かると思いますが、大変面倒くさいと思います。最近流行りのプラセンタ注射。そしてにんにく注射に関してですが、病院によって自費なため、そのお値段もかわってきますし、算定方法も変わってくるようです。これはですから一例として頭に留めておいていただければと思います。

プラセンタ治療をする場合、(にんにく注射と考えていただいても結構ですが)初診料(点数表に基づいた数字)+プラセンタ一本のお値段=患者負担が100%の自費の値段となるはずです。となると、保険診療のついでに自費の注射をしていく方がいますよね?にんにく注射などはその最たるものかと思われますが、その場合、どのように算定をすればいいのでしょうか?

初診料は保険適用でいただき、そして自費分としてプラセンタ一本分のみをいただくのだろうか?それともプラセンタ注射は定額料金で、一回につきおいくらと、算定関係なしのように貰ってしまうのだろうか?あなただったら、どうしますか?

これは医療事務の判断で行える算定ではないようです。実際にこのような自費治療を行っている医療機関の医療事務の方曰く、「経営者が判断するものであり、私達がどうこう出来る問題じゃないのが自費になります。算定基準がそれにより異なるんですが……」と教えてくださいました。

なんでも、プラセンタでしたら一本いくら。診察料を含めた数字で支払って貰うと決めているのだそうです。そうしないと会計時混乱が起きてしまうし、患者も「前はいくらだったじゃない!」と混乱し、騒動になるかねないんだとか。診察料、手技料、薬剤料など全てこみの値段で一本として計算。こうした計算方式にする医療機関が多いのはそのためでしょう。

ただし医療機関によってはきちんと計算をしているところもあります。初診料+プラセンタ1Aとして計算を行っているところもあります。ただし、これですとカルテは別にしないと混乱するんだとか。難しいですね、自費の計算って。もうこれは経営者の判断と、そして慣れるしかないものなのでしょうね。
(⇒注射料の算出はどうしたらいい?
(⇒オピスタンの薬剤規定はどういうもの?分かりにくいです!

これって医療事務がやれば違法なこと?知らないと後悔する!!

医療事務の資格を持っていたのですが、近所の調剤薬局からこんな広告が貼りだされているのを見て応募。面接をしただけで即合格でこれる日から来て欲しいと言われて、先月から調剤薬局で働きだした――そのような経緯のある、現在は医療事務ではなく調剤事務として働いている方からのお話しです。

薬剤師が現在不足気味であることは皆さんご存知ですよね?どこもかしこも薬局となると薬剤師募集の文字で溢れていますが、実際にこの調剤薬局でも薬剤師不足で調剤業務が手が足りず、近くの病院から雪崩のように人が押し寄せて来て捌ききれないそうです。

そんな背景もあり、手が足りないからお前も手伝えと、調剤事務として働きだしたこの方にまで、何故か調剤業務を強要されるそうです。ですがこれは駄目なんじゃないかな?そのように調剤事務の仕事をし始めてから常に感じていたと言います。実際のところ、どうなのでしょうか?

薬局で働く方は基本的に薬剤師の方と、調剤事務の方で2種類の方がいらっしゃいます。大体の場合が薬剤師の方が調剤事務も兼任されることが多く、薬剤師のみということもありますが。

そして薬剤師は当然として調剤業務を行えるだけの資格を有していますが、調剤事務の方にはその資格はありません。と、言うよりも、薬剤師の資格を持っていない方にはその資格は誰しも持ちあわせていないのです。

薬剤師でもないのに調剤業務を行うという行為は、薬事法違反に当たります。さらには処方箋を扱うことも違法です。そして上司の方から命令を受けてやっていたと言う場合、この上司の方も犯罪教唆の罪に問われるでしょう。もちろん、実際にこれを行っていた方は犯罪の実行犯扱いです。今すぐにでもやめるべきです。
(⇒医師からの指示でもNG!違法行為ですよ!
(⇒クレーマーが煩くても駄目なものは駄目!

医療事務は休みは?きついと噂ばかりが際立つが実際はこんな感じです

有給がとれない。そもそも有給があやふやであるか分からない。そんな話し、ブラック企業ならではの話しであると思ったら大間違いです。実は医療事務はほとんどの医療現場でそんな感じなんですよ。

だから辞めたい、もう限界の言葉が愚痴となって現れるわけでもありますが、実情を知らないで軽々しくそんな噂を鵜呑みにするわけにもいきません。実際の現場はどのような実態なのでしょうか?休日の実態についてまとめてみました。

医療業界では週休2日制というのはほぼないというところが大半です。週休2日です、というところが3割程度。4週で8日制なんてところが2割ですから相当休みは取れにくいのでしょう。ある種アルバイトなどに良く見られるシフト制のようですね。

医療機関に勤める医療事務の休日というのは、一般的には日曜祝祭日が一般的になっていますが、入院施設があればそれもまた変わってきます。何故なら入院して退院が親族に合わせて日曜日ということも珍しくはないからです。ですから休診日も日曜日も祝日だって関係なし。業務は常にあなたを待ってくれません。

ただ、そんな休みではある者の、福利厚生がしっかりしているため皆さん長く働ける安定した職場として医療事務を求めるということですよ。確かに、産休育休を取った後、続けられると言う意味では良い職場なのかもしれませんね。

医療事務作業補助者って知ってる?その業務の全貌を暴きます!!

近年病院でこのようなことがあるとマスメディアが問題視するように報道する中には、救急患者の病院間でのたらいまわし、そして病院勤務をしている医療関係者――医師、看護師、医療事務などの長時間労働が社会問題となっています。特にその医師の過剰労働とまで言える労働時間は、それこそ酷使されすぎで死者までが出てしまっているレベル。大変深刻な問題となっていますね。

病院に勤務している医師というものは、診断書などの文書作成、そして処方箋の作成、更には煩雑なその他の事務作業も自分で行わなくてはならず、本来の業務である医療行為とどちらが片手間にやらなければならない業務であるか、これの見分けがつかなくなっているほどだそうです。これは相当重症と言えますが、こうした診断書などの文書作成など、他の方にかわっていただくわけにもいきません。ですから酷使された医師は……というわけなのでしょうね。辛いことです。

かわれるものならばかわってあげたい――このようなこと、近しい人間ならば考えるかもしれません、が、実を言うと、こうした医師の事務作業、これをサポートするための資格というものが登場したのです。

その資格の名は「医師事務作業補助者」。医師のサポートをするべく存在する、エキスパートです。これまで医師が行っていた診断書の作成、及び文書作成。電子カルテの入力。そして処方箋の作成に検査予約などなど……医師の指示があれば医師にかわって行うことが許されている資格なのです。今までであれば考えられない様なものですが、医師の補助が出来る職が出来た事により、医師の負担が軽くなったのです。

現在この資格は大変病院側から注目を集めている資格です。どの病院も医師の過労問題は深刻な為、導入を考えているためです。ですからこれから資格を取得するんだ!というかたは、こちらを取得してもいいかもしれませんね。
(⇒調剤事務管理士とは?
(⇒病棟クラークとは?

1 2 3 >