医療事務作業補助者について

医療事務作業補助者って知ってる?その業務の全貌を暴きます!!

近年病院でこのようなことがあるとマスメディアが問題視するように報道する中には、救急患者の病院間でのたらいまわし、そして病院勤務をしている医療関係者――医師、看護師、医療事務などの長時間労働が社会問題となっています。特にその医師の過剰労働とまで言える労働時間は、それこそ酷使されすぎで死者までが出てしまっているレベル。大変深刻な問題となっていますね。

病院に勤務している医師というものは、診断書などの文書作成、そして処方箋の作成、更には煩雑なその他の事務作業も自分で行わなくてはならず、本来の業務である医療行為とどちらが片手間にやらなければならない業務であるか、これの見分けがつかなくなっているほどだそうです。これは相当重症と言えますが、こうした診断書などの文書作成など、他の方にかわっていただくわけにもいきません。ですから酷使された医師は……というわけなのでしょうね。辛いことです。

かわれるものならばかわってあげたい――このようなこと、近しい人間ならば考えるかもしれません、が、実を言うと、こうした医師の事務作業、これをサポートするための資格というものが登場したのです。

その資格の名は「医師事務作業補助者」。医師のサポートをするべく存在する、エキスパートです。これまで医師が行っていた診断書の作成、及び文書作成。電子カルテの入力。そして処方箋の作成に検査予約などなど……医師の指示があれば医師にかわって行うことが許されている資格なのです。今までであれば考えられない様なものですが、医師の補助が出来る職が出来た事により、医師の負担が軽くなったのです。

現在この資格は大変病院側から注目を集めている資格です。どの病院も医師の過労問題は深刻な為、導入を考えているためです。ですからこれから資格を取得するんだ!というかたは、こちらを取得してもいいかもしれませんね。
(⇒調剤事務管理士とは?
(⇒病棟クラークとは?

このエントリーをはてなブックマークに追加