歯科医療事務という仕事について

歯科医療事務ってどんな仕事なの?医療事務との違いを知りたい?

医療事務は大まかに分けて二つの資格があるのはご存知でしょうか。一つは医科、そして歯科の二つです。他に細かく派生した資格もありますが、大きな資格はこの二つ。医療事務は何となく想像がつきますよね?病院で受け付けや会計をするのに、あなたも応対をして貰っているはずですからそこは分かるはずです。では歯科医療事務とは、一体どのような仕事をするのでしょうか?

歯科医療事務は、歯科助手とも呼ばれているもので、歯科医や診療所、歯科クリニックでの受付、患者応対、そして予約のスケジュールを組む、などなどの仕事をしています。初診患者の保険証の確認、そして診察券の発行などもあります。電話応対、会計もそう。カルテを作成するのも歯科医療事務の仕事です。これらは医療事務の仕事となんら変わりありません。小規模な病院であればどこも同じということでしょうね。

ですが歯科医療事務の仕事の特徴としては、通常の医療事務とは違って、受付業務をしながらも、診察室に入って行かなくてはならない。更には歯科医師や歯科衛生士の補助的な業務を請け負うこともあったりするため、医療事務の仕事と言って、医科で受ける仕事よりもよりハードであることは確かでしょう。そのため歯科助手、とも呼ばれているわけですね。

更にはレセプトも医療事務ですから行います。むしろ、それこそが歯科医療事務の重要な仕事である、と言えるはずです。歯医者では基本的に虫歯の治療などを行う保険が使える一般的な診療がありますが、他に自由診療になる、矯正などもあります。ですが一般的な診療があるため、どうしてもレセプトは必須になるのです。保険に請求をかける、これに必要なのがレセプトなので、歯医者はもっとも時間がかかる仕事であるレセプトもなまけられないと言うわけです。保険診療なしの自由診療のみであれば、レセプトもなくて少しは仕事が楽になるのですが、そうはいかない、ということでしょう。

基本的に歯科医師は多くの場合を個人開業としています。ですから歯科医師や歯科衛生士のサポートは、歯科助手である、歯科医療事務がきちんと担当しなければなりません。この仕事は、医療事務よりも患者一人一人と密着する仕事でもあるため、やりがいと生きがいを見つけられる仕事になるでしょうし、そうして自分がサポートをしている、という充実感にも満たされる仕事であると言えますよ。

このエントリーをはてなブックマークに追加