医療事務の安月給って本当

年収250万?これでも多い方なの?医療事務って安月給が事実です!

どの仕事はどれくらいの年収で、なんて話しは下世話ではありますが、皆さん良くしていますよね?テレビの報道で特集が組まれて、どこそこの社員だと年収が1000万を越えるとか、議員は、公務員は、などなど。その中でも医療関係者は高給取りのようなイメージが未だまん延しているようです。けれど、開業医はいいとしても総合病院に勤めている医師などはそうまで開業医ほど稼げはしないとぼやいていますし、看護師だってそこまで騒がれるほど高くはないと言います。では、医療事務はどうなのでしょうか?給料は低いと言われていますが、ボーナスなどで年収はぐんと上がったりするのでしょうか?賞与などを含んだ年収で現在医療事務だと言う方にお聞きしてみました。

年収にしたら220万、月給は16万が基本給と言う方と、年収は250万で月給は18万が基本給と言う方の話しをお聞きしました。基本給は可也医療関係者と考えると低く映ります。ボーナスもスズメの涙ほどなんだと聞けば、まさか、そんな言葉が口を突いて出ることでしょう。なんだか病院となると、もっともっと貰っていてもおかしくないと、それこそ勝手に頭の中で考えていて、全然貰えないんだなどと考えもしていませんでしたね。

ですが現実はこんなもの。基本給が18万として12カ月で216万。残業はレセプト期間などがありますから、確実にあると言いますので、毎月基本給に2万から5万くらい足されることもあると言います。2万足して考えると20万ですよね。それを12カ月で考えて240万です。ボーナスを入れて250万と言うことでしたから、なるほど、年に2度のボーナスがあって250万。つまりはボーナスは夏と冬、5万ずつと言うことですね。なんだか想像もつかないような凄まじい話しです。
(⇒医療事務の仕事はきつい?実際の話しはどうなの?

このエントリーをはてなブックマークに追加