勉強会のススメ

勉強したい…医師が参加する勉強会がある?参加方法が知りたい!

医療事務は仕事柄、どうしても患者から様々な難しいことを尋ねられてしまいます。私は医師でも看護師でもないんだけれど……なんて言っても仕方ありません。患者やその家族からすれば、医療事務だって立派な医療関係者。知らないはずがないと考えているのでしょう。漠然と勉強をしたいとそれから考えるようになった、こういう医療事務の方は多いのではないでしょうか?ですがこの勉強、どこでしますか?

独学とまずはいきましょう。では家で勉強するのに、何から手をつければいいのでしょうか?そもそも薬について調べるべきなのか、それとも病気から調べるべきなのか、そこからさっぱり分かりません。何から調べるべきなのか……矢張りこれは独学では難しいでしょうと思い、同じ医療現場に立つ医師や看護師はどこで学ぶのか調べてみたところ、あることに気が付きました。

医師や看護師は、製薬会社などの主催する勉強会に招待されており、そこで学んできているのです。なるほど、ではそこで自分も学べないかと思うところですが、勉強会には招待制らしく入れない。なぜなのでしょうか?実はこれ、製薬会社が宣伝目的で開催しているために一般人は入れないのです。

そもそも一般人が聞いても得るものはないということのようで、この勉強会(学術講演会)には医師と看護師くらいしか招待されないのです。ですからこの勉強会には医療事務は関係なしと見なされ行くことすら許されていないということですね。では、医療事務の方はどこで知識を得ればいいのでしょうか?

こうした勉強会と違い、スピードは多少なりと遅れるでしょうが、医学雑誌には教科書などで学ぶより、沢山、そして早く様々な情報が掲載されます。そのためこうした書物を読むだけでも知識が随分とついていくでしょうし、患者からの問いにも自然と答えられるようになっていくでしょう。
(⇒薬の知識くらい医療事務だって必要ですよ!

このエントリーをはてなブックマークに追加